【実食】玄米カレーやワッフルから「発酵食物繊維」が取れる! ミツカンの新商品「Fibee」が優秀すぎた

ぽん酢や鍋つゆ、ビネガードリンクなど幅広い商品を手掛けるミツカンが、2024年3月より新ブランド「Fibee(ファイビー)」を立ち上げました。腸内の善玉菌のエサになる「発酵性食物繊維」に着目した全7種類のうち、今回は4商品をご紹介します!

Fibee
ミツカンの新ブランド「Fibee(ファイビー)」

厚生労働省「e-ヘルスネット」によると、私たちの腸内にはおよそ1000種類、100兆個もの細菌が生息しているそう。理想的な腸内細菌のバランスは、善玉菌2割、悪玉菌1割、そのどちらでもない日和見菌が7割。健康維持のためには善玉菌を活性化させることがポイントなんです。

そこでミツカンが着目したのが「発酵性食物繊維」。腸に届いてから発酵し、善玉菌のエサになる食物繊維で、善玉菌の活性化をサポートしてくれます。主に穀物や根菜類、海藻類などに多く含まれますが、忙しい毎日の中で意識的に取るのは難しいですよね。

「発酵性食物繊維」に着目した新商品

こうした発酵性食物繊維を手軽に取ることができるよう開発されたのが「Fibee」。朝食やおやつにおすすめのシリアルやワッフル、電子レンジ加熱で食べられるカレーやごはんなど、日々の暮らしに取り入れやすいラインアップになっています。今回試食させていただいたのは以下の4種類です。

パッケージにあるキャラクターは、キョロッとした目がかわいい「Fibees(ファイビーズ)」。腸内細菌をモチーフに作られたそう
試食したのはこの4種類

パッケージにあるキャラクターは、キョロッとした目がかわいい「Fibees(ファイビーズ)」。腸内細菌をモチーフに作られたそうです。

紅茶が華やかに香る「Fibee むぎゅっとワッフル」(アールグレイ)

「Fibee むぎゅっとワッフル」アールグレイ/参考小売価格1個248円(税抜き)
「Fibee むぎゅっとワッフル」アールグレイ/参考小売価格1個248円(税抜)

袋を開けてすぐに食べられるワッフル。全粒粉やオオバコ種皮といった発酵性食物繊維を含む食材を使っています。ココア味とアールグレイ味の2種類の展開があり、こちらはアールグレイ味です。
 

「Fibee むぎゅっとワッフル」(アールグレイ)には、1個あたり4.0g  (分析例)の発酵性食物繊維が含まれています

「Fibee むぎゅっとワッフル」(アールグレイ)には、1個あたり4グラム(分析例)の発酵性食物繊維が含まれています。

「Fibee むぎゅっとワッフル」(アールグレイ)

開けた瞬間からアールグレイのいい香り! ワッフル生地に茶葉がたっぷり練り込まれています。

「Fibee むぎゅっとワッフル」(アールグレイ)

触った感じはしっとり。噛むとおからのむっちり感と、豆のホロッとした優しい口溶けが楽しめます。今回はそのまま食べましたが、フライパンやトースターで軽く焼いて香ばしさを出しても良さそう。おなかにたまるおからや全粒粉入りなので、小腹満たしにちょうどいいですね。

息抜きにおすすめ「Fibee ふわぁっと桃香るルイボスティー」

「ふわぁっと桃香るルイボスティー」/参考小売価格1本(500ml)228円(税抜き)
「Fibee ふわぁっと桃香るルイボスティー」/参考小売価格1本(500mL)228円(税抜)

ノンカフェインで、ポリフェノールが多く含まれていることから健康茶としても親しまれているハーブティーの「ルイボスティー」。こちらは桃果汁入りで、名前の通り、甘くてジューシーな桃の香りが柔らかに広がります。

「イヌリン」はごぼうなどの根菜類に含まれる発酵性食物繊維
「イヌリン」はごぼうなどの根菜類に含まれる発酵性食物繊維

桃果汁だけでなく、発酵性食物繊維「イヌリン」なども配合。発酵性食物繊維は8.1グラム(分析例)/1本(500mL)と、「Fibee」商品群の中で最も多く含まれています。

「Fibee ふわぁっと桃香るルイボスティー」

桃の香りを楽しみつつ、ルイボスティー特有の鮮やかな赤い水色やほのかな酸味、スッキリとした清涼感が堪能できます。午後のリフレッシュタイムや、ゆったり過ごしたい夜にぴったりではないでしょうか。

次ページ
電子レンジで手軽に「玄米カレー」だって楽しめちゃう
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応