柏木由紀、17年在籍のAKB48をついに卒業! 「生まれ変わってもアイドルになりたい」「最高なAKB人生でした」

柏木由紀さんは5月1日、自身のInstagramを更新。AKB48からの卒業を報告し、美しいドレス姿を披露しています。(サムネイル画像出典:柏木由紀さん公式Instagramより)

柏木由紀さんは5月1日、自身のInstagramを更新。AKB48からの卒業を報告しました。

【実際の投稿:柏木由紀、卒業ショット!】

「ゆきりん お疲れ様でした」

柏木さんは「昨日4/30をもってAKB48を卒業しました」と報告し、自身の写真を3枚載せています。淡いピンク色のドレスを着用した姿です。「小学生のときにアイドルを好きになって、中学生でアイドルになって、AKB48に入って、、本当に幸せな17年間でした」と、AKB48在籍時を振り返っています。

さらに「生まれ変わってもアイドルになりたいし、絶対にAKB48に入りたいと思えるくらい、最高なAKB人生でした」ともつづり、今後については「新しい人生をはじめる気持ちで日々を楽しみたいと思います」と宣言。

コメントでは、「ゆきりん お疲れ様でした」「卒業おめでとう 本当にゆきりんワールド住人として、ここまで楽しく応援出来て、ありがとう やっぱり卒業ドレスのゆきりん美しすぎる」「ゆきりんに出会えてほんとに幸せな日々を過ごせました…!これからも一生応援しますっ!!‪」「第二章のアイドルゆきりんも楽しみやなぁ」「あなたに会えたことが本当に幸せです」など、温かい声が多数寄せられました。

4月30日に卒業公演

4月27日の投稿では、「明日はいよいよAKBとして最後の握手会です! 17年も握手会やってきたから不思議なきもち!」と報告していた柏木さん。無事に最後の握手会も終え、30日にAKB48劇場で行われた卒業公演をもって、同グループを卒業しました。
 
次ページ
柏木さんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」