「AIみたいな美しさ」百田夏菜子、美肌際立つドアップショットに称賛の声! 「まじで世界一綺麗」

ももいろクローバーZの百田夏菜子さんは4月24日、自身のInstagramを更新。美容誌『美的』6月号(小学館)のモデルショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:百田夏菜子さん公式Instagramより)

ももいろクローバーZの百田夏菜子さんは4月24日、自身のInstagramを更新。美容誌『美的』6月号(小学館)のモデルショットを公開しました。

【実際の投稿:百田夏菜子、美しすぎるアップショット】

「つやつやでお美しいです百田さん!」

百田さんは「美的6月号」とつづり、2枚の写真を投稿。顔がアップになったモデルショットを公開しました。1枚目では顔の左側だけが写ったショットを、2枚目ではカメラに対してやや斜めに顔を向けたショットを載せています。どちらの写真でもつやつやと輝く美しい肌が際立って見えます。

ファンからは「いつもいつも驚きます美しさに!」「ひゃーAIみたいな美しさ」「まじで世界一綺麗」「美的のかなこちゃん美しすぎてほんと眼福です」「つやつやでお美しいです百田さん!」など、称賛の声が多く寄せられました。

『美的』公式Instagramで動画を公開

23日には同誌の公式Instagramも投稿を更新。「百田夏菜子さんが、美的6月号のメイクページに登場」と、百田さんの動画を公開しています。気になった人はぜひチェックしてみてください。
 
次ページ
『美的』公式Instagramが投稿した動画も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在