近畿地方在住者が選ぶ「GWに行きたい観光地」ランキング! 2位「有馬温泉」「伊勢神宮」、1位は?

GWが近づいてきましたね。近畿地方在住者に聞いた「GWにレンタカーで行きたい観光地」ランキングの結果、「有馬温泉」「伊勢神宮」を抑えた1位はどの観光地だったのでしょう。

近畿地方在住者が選ぶ「GWにレンタカーで行きたい観光地」ランキング
近畿地方在住者が選ぶ「GWにレンタカーで行きたい観光地」ランキング
お出かけするのに最適な季節のGWが近づいてきましたね! 「今年はあの観光地に行ってみたい!」と計画を立てている人も多いのではないでしょうか。

そこで、NEXERは、待たないレンタカー「Uqey(ユーキー)」との共同調査で、全国の男女958人を対象に「GWにレンタカーを使って行きたい観光地」についてのアンケートを行いました。そのうち、近畿地方在住者が選ぶ「GWにレンタカーで行きたい観光地」ランキング1位に輝いたのは?(調査期間:3月28日~4月1日)

>2位までの全ランキング結果を見る

同率2位:有馬温泉

第2位には、2つのスポットがランクイン。その1つは「有馬温泉」でした。兵庫県神戸市の北部に位置する歴史ある温泉地で、「日本三古泉」の1つとされています。泉質の高さと美しい自然環境で、戦国時代の武将・豊臣秀吉ら、古来から多くの著名人や文豪に愛されました。硫黄泉や炭酸泉などさまざまな種類の温泉があり、健康や美容にも良いとされています。

温泉街には、歴史的な建物や昔ながらの情緒あふれる街並みが残り、散策するだけでも楽しいですね。温泉施設や旅館が豊富で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

回答者からは「自然の景色を見ながらのんびりドライブした後は温泉でまったりしたいから」という意見が挙がりました。

同率2位:伊勢神宮

もう1つの第2位は「伊勢神宮」でした。衣食住をはじめ産業の守り神である豊受大御神(とようけのおおかみ)を祭る豊受大神宮(とようけだいじんぐう=外宮)と、国民の大御祖神(おおみむやがみ)として崇敬を集める天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祭る皇大神宮(こうたいじんぐう=内宮)は距離が離れています。

古くからの習わしでは、まず外宮を参拝し、その後に内宮を参拝するのが一般的です。参拝の際には、御正宮から順に参拝することが正式な順序。そのため、外宮の御正宮を最初に参拝し、次に外宮の別宮を訪れ、その後に内宮の御正宮を参拝し、最後に内宮の別宮を訪れるのが正しい参拝ルートといわれています。

回答者からは「風光明媚な場所なのでお参りも兼ねていってみたい」という意見が挙がりました。

第1位:淡路島

第1位には「淡路島」が輝きました。近畿地方の定番ドライブスポットとしても人気のエリア。観光地としても人気があり、特産品には淡路玉ねぎや淡路牛があります。さらに、おいしい海の幸や山の幸も豊富。風景や食べ物を楽しむ場所が多く、親子で楽しめるスポットもあります。

絶景を楽しむことができる「明石海峡大橋」や、壮大なうずしおを見ながら名産品を味わえる「道の駅うずしお」、昔から親しまれている神々誕生の聖地「おのころ島神社」や大型エンターテインメント施設で、アトラクションやショーが楽しめる「淡路夢舞台」など、1日では回れないほどの充実ぶりです。

回答者からは「食べ物が美味しいし、海が見れるから」「今まで一度も行ったことがない場所で、ニジゲンノモリに行ってみたいと思ったから」「淡路の四季が綺麗だから」などの声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:小林清峰
スポーツ新聞→編集プロダクションで編集やカメラ、ディレクション、ライターやってます(何でも屋です)
次ページ
2位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」