大谷翔平、機内でのレアなオフショット公開! 「お行儀悪い乗り方してる」「フリーマンのヤラセ感よw」

ロサンゼルス・ドジャースの公式Xは4月23日、投稿を更新。同チーム所属の大谷翔平選手のオフの姿を披露し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:大谷翔平さん公式Instagramより)

ロサンゼルス・ドジャースの公式X(旧Twitter)は4月23日、投稿を更新。同チーム所属の大谷翔平選手のオフの姿を披露しました。

【実際の投稿:ドジャース、大谷翔平のオフの姿を披露!】

「貴重なショットで嬉しいな」

同アカウントは「Wheels up to DC. Which one are you?(DCに向けて出発。あなたはどっち?)」とつづり、写真を2枚載せています。1枚目は大谷選手が座席をおそらく2つ以上使い、リラックスした格好&表情でタブレットを見ている姿です。それとは対照的なのが2枚目。チームメイトのフレディ・フリーマン選手は1つの席に座り雑誌を熟読しています。

ネット上では「ドジャースともあろう大球団がフルフラットの個別シートじゃないのが意外で驚き」「狭そうだし、身体痛そう そしてフリーマンのヤラセ感よw」「多分デコピンのアルバム見てる」「貴重なショットで嬉しいな」「大谷さん国内移動の席フツーなんだ。絶対窮屈よね」「お行儀悪い乗り方してる〜」「機内でこんな感じにリラックスする大谷翔平の姿が珍しくて新鮮」など、さまざまな反応がありました。

“MVPトリオ”の写真を公開

同日の別投稿では、ムーキー・ベッツ選手のソロショットも披露した同アカウント。“MVPトリオ”の写真を公開するとは、同アカウントもしっかり“分かって”いますね。日本時間24日7時45分からの試合がますます楽しみです!
 
次ページ
同アカウントの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応