2024年春クールは「30分ドラマ」がアツい! 永瀬廉主演の『東京タワー』などおすすめドラマ3選

春ドラマもさまざまな作品が各局で放送されていますが、今回は少し短めに設定されている30分ドラマの魅力を紹介。元テレビ局スタッフが厳選した30分ドラマを紹介し、その面白さに迫っていきます。(サムネイル画像出典:『東京タワー』公式Instagramより)

ほとんどの春ドラマがスタートした中で、個性的な作品が多く見逃せないのが「30分ドラマ」です。各テレビ局で30分枠のドラマが製作され、主に深夜など遅い時間帯に放送。短い時間でサクッと見ることができ、ストーリーが進むテンポも早いことで幅広い世代から人気を集めています。

今回は、元テレビ局スタッフの筆者が、春ドラマでおすすめの30分ドラマを3つ紹介します。

【こちらも読む→春ドラマはこれを見るべし! 注目作3選

永瀬廉のセクシーさに打ちのめされる甘美な『東京タワー』

まず1作目に紹介するのは、テレビ朝日系で毎週土曜の23時〜23時30分に放送している『東京タワー』です。King & Princeの永瀬廉さんが恋愛作品で初主演を担当するドラマで、大ヒットした江國香織さんの恋愛小説『東京タワー』(マガジンハウス)が原作。永瀬さん演じる21歳の青年・小島透が、20歳以上も年の離れた人妻と許されない恋に落ちる禁断のラブストーリーとなります。

第1話が4月20日に放送されましたが、このドラマの見どころはズバリ、“永瀬さんのセクシーな演技”です。永瀬さんの色気がある顔立ちや雰囲気が透にぴったりで、本当の愛を初めて知った青年の揺れる気持ちを繊細に表現。初回から色気ダダ漏れで、女性だけでなく男性が見てもドキドキするような演技を見せています。

【こちらも読む→永瀬廉は“繊細な青年役”を演じさせたら日本一!?

ベタな設定&ドラマティックな演出に魅了

相手役となる人妻の浅野詩史は板谷由夏さんが演じていますが、1話から禁断のキスシーンを披露。初のキスシーンは艶かしく輝く東京タワーが見下ろす夜の麻布台ヒルズが舞台で、ドラマティックな演出に魅了されます。
  作品は東京の最旬スポットで撮影されているようなので、今後も美しい風景とともに透と詩史の禁断の愛が描かれていくことが予想されます。原作小説が古い作品なこともありベタすぎる展開が続きますが、それもまたドラマを楽しむ絶妙なエッセンスになっています。
  そんな『東京タワー』ですが、初回からテンポの良さも合格点で、ストレスなくストーリーを追うことが可能。また、透の親友である大原耕二はTravis Japan・松田元太さんが演じ、家庭教師として訪れた家の主婦である川野喜美子と禁断の愛に突き進みます。喜美子はMEGUMIさんが演じており、こちらのラブストーリーにも注目が集まりそうです。
次ページ
豪華俳優陣で描く注目作『滅相も無い』
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在