栃木県・大谷資料館、地下の巨大空間に思わず絶句! ゴールデンウイークのお出かけにもおすすめ

ゴールデンウイーク直前! 一足早く休暇を取り、栃木県宇都宮市の大谷資料館へ行ってきました。

ここが冒険の入り口

大谷
長い階段を下ると、巨大な地下空間が!

上部から坑内を見渡した様子 その1

大谷
ゲームのダンジョンのような景色が広がる

上部から坑内を見渡した様子 その2

大谷
本当に日本なのだろうか? と不思議な気持ちになる

上を見上げると、吸い込まれそうな穴があった

大谷
筆者には『新世紀エヴァンゲリオン』に出てくる第6使徒に見えた

ライトアップされる色で印象も変わる

大谷
あちこちで「すごいねー!」という声が響く

華道家・假屋崎省吾氏の作品も展示されていた

大谷
幻想的な空間に展示されている假屋崎省吾氏の作品

目いっぱい引いて撮影しても天井が写らない

大谷
天井を見つめる観光客の男性
記事に戻る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは