「美しい母ですね」永島優美アナ、“生まれて100日”の娘との親子ショットに反響! 「たまりませんね」

フジテレビの永島優美アナウンサーは4月20日、自身のInstagramを更新。親子ショットを投稿し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:永島優美さん公式Instagramより)

フジテレビの永島優美アナウンサーが4月20日、自身のInstagramを更新。生まれて100日を迎えた娘との親子ショットを投稿し、話題を呼んでいます。

【実際の投稿:永島優美アナ、親子ショット】

「赤ちゃんもお母さんもかわいいよ」

永島さんは「先日、生まれてから100日がたちました」とつづり、4枚の写真を投稿。1枚目の写真は、お食い初めをしている姿を投稿しました。お母さんの表情をしている永島さんもすてきです。4枚目では、外での親子ショットを披露しており、癒される内容となっています。

この投稿にファンからは、「美しい母ですねえ」「ママも100日おめでとうございます」「可愛くてたまりませんね」「可愛くて綺麗で優しいママ」「赤ちゃんもお母さんもかわいいよ」「すくすく成長してますね」と、絶賛の声が集まりました。

「初めてのお花見」

7日の投稿では「初めてのお花見」とつづり、桜を背景にした親子ショットを投稿。2枚目の写真では、全身ショットも披露しています。 「こてんと就寝」とつづっているように、永島さんの娘は寝ているように見えて、とてもほほ笑ましい投稿です。今後も成長を感じられる親子ショットを見られるのが楽しみですね!
 
次ページ
永島さんの親子ショットをもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応