はじめしゃちょー、「河野大臣とのコロナワクチンに関する動画について」釈明に賛否の声

YouTuberのはじめしゃちょーさんがXを通じ、過去に公開した新型コロナウイルスのワクチンに関する動画について言及しました。(サムネイル画像出典:はじめしゃちょーさん公式Instagramより)

YouTuberのはじめしゃちょーさんが4月18日、自身のX(旧Twitter)を更新。2021年7月に公開した動画について、言及しました。
 

【実際の投稿:はじめしゃちょー、新型コロナウイルスのワクチン動画について釈明】

「今お話しできる範囲で」

はじめしゃちょーさんは、「今話題になっている、河野大臣とのコロナワクチンに関する動画について、今お話しできる範囲であの動画を作った意図などを説明させてください。当時、河野大臣との対談の機会をいただき、ワクチンについて自分としても気になっており、ウイルスやワクチンの事など何も知らなかったので自分が思う疑問を質問形式でお聞きした動画です」と、動画公開に至った経緯を説明。
 

続けて、「動画内のコメントにも記載しましたが、僕自身、それぞれのワクチンにはリスクもあり、接種するしないは個人の判断だと考えており、僕からの発信も情報の一部として捉えていただけたら良いと思い、動画を投稿しました」と、自身の考えも発信しました。また、該当動画については「費用は一切いただいておらず、動画の収益化も行なっておりません」と、明かしています。
 

コメントでは、「お金貰ってない?信じられないなぁ」「知らないなら動画にしてはいけない」「今までダンマリだったのに何故今釈明されるのですか?」「ワクチン推奨していた大臣と作成なさった動画なのに、個々の判断で、とかおかしくないですか?」と厳しい声のほか、「よく説明された」「動画を消したりしない信念が無茶苦茶かっこいい」「はじめしゃちょーは悪くないかと」と、はじめしゃちょーさんを擁護する声も上がりました。

河野太郎氏との新型コロナワクチンに関する動画について

2021年7月2日、自身のYouTubeチャンネル「はじめしゃちょー(hajime)」で、『【拡散希望】河野大臣…コロナワクチンって本当に大丈夫なん…?』と題した動画を公開したはじめしゃちょーさん。「なぜワクチンって2回打つのか」「ワクチンを打ったら(新型コロナウイルスに)どれくらいかからなくなる?」など、当時、ワクチン接種推進担当大臣を務めていた河野太郎氏とトップYouTuberの対談という内容で、話題を呼びました。
 

新型コロナウイルスのワクチン接種を巡っては2024年4月17日、危険性を伝えずにワクチン接種を推奨したのは違法として、ワクチン接種後に死亡した男女の遺族ら合わせて13人が国に対し、約9150万円の賠償を求める集団訴訟を東京地方裁判所に起こしました。
 

次ページ
関連投稿などをチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応