「努力の塊すぎ」西内まりや、圧巻の“空気椅子”モデルショット公開! 「天才です」「カッコよ過ぎ!」

モデルで俳優の西内まりやさんは4月19日、自身のInstagramを更新。ドレスを身にまとった姿でモデルショットを披露し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:西内まりやさん公式Instagramより)

モデルで俳優の西内まりやさんは4月19日、自身のInstagramを更新。格好良すぎるモデルショットを披露しました。

【実際の投稿:西内まりや、圧巻のモデルショット】

「天才です」

西内さんは「空中椅子での撮影。レスリーの撮影の次の日は必ず筋肉痛 でも素敵な写真に仕上がるからとてもやりがいがある」とつづり、3枚の写真と1本の動画を載せています。高いヒールを履いて、黒地に花柄のドレスを着用し空中椅子でのモデルショットを披露。ドレスからは美脚がすらっと伸びていて、抜群のスタイルがより際立って見えます。

この投稿にファンからは、「天才です。自慢の推し!大好き!」「努力の塊すぎ」「カッコよ過ぎ!」「ポーズがとても好き!」と、絶賛の声が集まりました。

さまざまなコーディネートを披露

西内さんはInstagramでさまざまなモデルショットを公開。今回の投稿写真は、世界で活躍する写真家、レスリー・キー氏が特別に撮り下ろした写真展「Super LVMH ~ Art de Vivre ~」に関係する写真です。なお、写真展は4月19日~5月19日までの1カ月間、原宿・キャットストリートの「Creative Space Akademia 21」にて開催しています。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!
 
次ページ
西内さんのモデルショットを見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」