水原容疑者を巡る言動が批判を浴びる登山家・野口健氏。ギャンブル依存症問題を考える会が抗議書を提出

ギャンブル依存症問題を考える会代表の田中紀子氏は4月15日、自身のXを更新。登山家の野口健さんへ同団体から抗議文兼要請書を提出したことを報告しました。Xのポストの削除を求める内容です。(サムネイル画像出典:田中紀子氏公式Xより)

ギャンブル依存症問題を考える会代表の田中紀子氏は4月15日、自身のX(旧Twitter)を更新。登山家の野口健さんへ同団体から抗議文兼要請書を提出したことを報告しました。

【実際の投稿:田中紀子氏、抗議文兼要請書を提出】

「発言の撤回を求めます」

田中氏は「野口健氏による2024年4月12日のご自身のXへのポストは、ギャンブル依存症問題に関わる、当事者及び家族の団体の代表として、到底看過できるものではなく、抗議文兼要請書を出すことに致しました」と報告。続けて「野口氏にご一読いただき発言の撤回を求めます」と野口氏へ要望し、さらに「罪は罪として償い、誰にでも生き直す権利はあります」とつづりました。

事の発端は、12日に野口氏が更新したX。ロサンゼルス・ドジャース所属の大谷翔平選手の元通訳で、大谷選手の口座から24億円以上をギャンブルの返済に不正に当てた水原一平容疑者について、「『万死に値する』という言葉が頭を過るほどに罪深い」とポストしたことです。

「万死に値する」とは、「死をもって償うべき」や「死んで詫びるべき」などの、かなり強い意味が込められた言葉で、それが今回批判を浴びています。本記事執筆時点で、野口氏は当該ポストを削除したようです。同団体は、野口氏に対し、「令和6年4月21日(日)までに」ポストの削除を要求していたため、野口氏はそれに応えたのでしょう。

「どんな人にも人生をやり直す権利があります」

田中氏が載せた「抗議文兼要請書」と題した画像には、「水原一平氏の行動は、ギャンブル依存症の当事者の行動として決して特殊なものではありません」「水原一平氏がギャンブル依存症であったとしても、ギャンブル依存症は回復できる病気です。そして、どんな人にも人生をやり直す権利があります。現実に、ギャンブル依存症であっても回復を遂げて、新たな人生を歩んでいる方は沢山います。したがって、水原一平氏がギャンブル依存症から回復し、人生をやり直すことは、絶対に否定されるべきことではありません」などと書かれていました。
 
次ページ
著名人の「ギャンブル依存症」についてのポストも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応