水原一平氏、大谷から24億円以上を盗む。約1万9000回の賭けで純損失は約62億円。13日に出頭予定

ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の通訳を務めていた水原一平氏による巨額“詐欺事件”。日本時間4月12日に詳細が明らかになりました。(サムネイル画像出典: tsingha25 / Shutterstock.com)

(出典元: tsingha25 / Shutterstock.com)
出典元: tsingha25 / Shutterstock.com ※画像はイメージです
ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の通訳を務めていた水原一平氏による巨額“詐欺事件”。前代未聞の金額が大谷選手から盗まれるなど、日本時間4月12日に詳細が明らかになりました。

約2年で約1万9000回の賭け

2021年9月に違法なスポーツ賭博を始めた水原氏。数カ月後には大金を失い始めたようです。その損失を埋めるため、大谷選手の銀行口座の連絡先を自身の電話番号などに変更し、銀行に電話をかけ、自身を大谷であると偽り、銀行口座から違法賭博運営の関係者に送金をしました。

2021年12月~2024年1月の間に約1万9000回の賭けがあり、平均すると毎日約25回の賭けがあったようです。賭けた金額は10ドル~16万ドルまで、合計で1億4225万6769ドルの勝ちと、1億8293万5206ドルの負けがあり、純損失は4067万8436ドル(日本円で約62億円)です。大谷選手の口座からは1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正送金しました。

13日に出頭予定の水原氏

水原氏は日本時間13日に自首する予定と、一部報道で明らかになっています。また水原氏には“敏腕弁護士”が付いているとのことです。賭博の損失を埋めるために親しい野球選手から金を盗むという、過去に例を見ない巨額の詐欺事件。今後どのような結果になるのか、目が離せませんね。
次ページ
大谷選手のInstagramも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」