菊池風磨、メンバー加入については「マリウス卒業の時点で考えていた」と吐露。中丸雄一のビンタ宣言も

KAT-TUNの中丸雄一さんは4月9、10日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、菊池風磨さんとの対談動画を公開。グループ名変更や、メンバー募集オーディションについて言及しました。(サムネイル画像出典:「中丸銀河ちゃんねる」より)

KAT-TUNの中丸雄一さんは4月9、10日に自身のYouTubeチャンネル「中丸銀河ちゃんねる」を更新。事務所の後輩である菊池風磨さんとの対談動画を公開し、反響を呼んでいます。

【実際の動画:中丸雄一×菊池風磨の対談を見る】

「マリウスが卒業した時点でメンバー加入については考えていた」

9日には、中丸さんは『菊池風磨にメンバーオーディションのこと聞いてみた』と題して対談動画の前編を投稿。1日にライブ配信にてSexy Zoneからtimeleszへの改名を発表した菊池さんとの対談動画を公開しました。同日の配信で話題となったのは、新しいグループ名の公表だけでなく、新メンバー募集オーディション開催の発表。旧ジャニーズグループとしては過去に例がない取り組みとなり、大きな反響を呼びました。

菊池さんは、動画内で「正直マリウスが卒業した時点でメンバー加入については考えていた」と語り、中丸さんも「ちょっとだけ俺も気持ち分かる」「(KAT-TUNが)3人になった時に選択肢として出た」と明かしました。

そんな中、中島健人さんの脱退とグループ名変更を機に、残るメンバーである佐藤勝利さん、松島聡さんにもメンバー増員について相談したそう。2人とも最初は驚きが大きかったものの、結果として菊池さんの考えに賛成し、事務所に相談するに至ったとのことです。

「メンバーが抜けるのはパワーダウンになる」

発表後にInstagramのストーリーズでファンからの質問に回答していた菊池さん。ファンから「(菊池さん、佐藤さん、松島さんの)3人じゃ無理だったんですか」という質問が多かったそう。

これに対して「3人でも僕らが夢見る景色を追いかけることはもちろんできたと思う」と言いつつも、「可能性を広げるんだったらメンバー増員がいいんじゃないか」という考えにたどり着いたと告白。あくまで“可能性”を考慮した上での決断だと明かしました。これに対し、中丸さんも「あんま言いたくないけど、やっぱりどうしてもメンバーが抜けるのはパワーダウンになる」と同意。

また、中丸さんにメンバー増員が失敗だったとなった場合どうするのかと尋ねられた菊池さんは、「なんとしても立て直します」「それでやめるのもなんか違うし、投げ出してるのと一緒」と強い覚悟を見せました。
 

「誹謗中傷って絶対あっちゃいけないしダメなんだけど……」

10日には『菊池が今、本当に伝えたいこと』と題して後編を公開。動画の前半では、オーディション形式を選択した理由について、「応募した人たちの人となりやバックボーンが見える」「そこになるべく早く気付いてもらえる」からだと説明しました。

また、「芸能人って目に見える所で否定的な意見を言われる」「それで結構メンタルがやられちゃうこと、結構あるじゃないですか。そういう誹謗中傷って絶対あっちゃいけないしダメなんだけど」とSNS上などでの否定的な意見に悩まされる機会も多いと告白。「そういう意味で言うと本当に内面的なところ精神的なところってすごく大事になってくると思う」と、メンタル面を見る意味でもオーディションが重要だと語りました。

突然の発表でファンを驚かせてしまったことについて、「ファンの人からしたら、心配な時間はもうちょっと続きそう」「ちゃんと納得してもらえるように姿勢と行動でその誠意っていうのをお見せするしかないと思ってる」と強い覚悟を明言。これに対し中丸さんは「僕がファン代表として菊池が本当に舵取りを間違えてんなって思った場合はビンタします」と宣言し、菊池さんの覚悟を中丸さんがしっかりと受け止めたように感じられました。

「最終的には納得してもらえるように」

Instagramのストーリーズでファンからの質問を募集した際について、「最初は7、8割否定的な意見が届いてた」と明かした菊池さん。「どんどん時間がたつにつれて肯定派の方々が少しずつ増えていって、前向きに捉えてくれるようになった方々が多く目立った」と質問に答えていく中で、ファンの意見も変わっていった部分があったそう。

その上で、「前向きになってくれた人が正解で前向きになれなかった人が不正解というわけではない」と自身の考えを伝え、「今100%納得してほしいわけではなく、時間をかけてでも、最終的には納得してもらえるように自分たちが精進する」と今後の活動をもって多くの人に理解、納得してもらえるよう努めることを宣言しました。

2023年から大きな動きが続く旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のグループ、メンバーたち。嵐の新会社設立、事務所アーティスト総出の合同イベント『WE ARE! Let's get the party STARTO!!』の開催など、timeleszはもちろん、他アーティストの今後にも注目していきたいですね。
 
次ページ
新グループ名&メンバー追加を発表したライブ配信も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」