マリウス葉、“Sexy Zone”への愛あふれる投稿が話題に! 「最高で永遠の宝物」「涙が出てしまう」

元Sexy Zoneのマリウス葉さんは4月9日、自身のInstagramを更新。メンバーへの愛あふれる投稿が「いつも幸せをありがとう」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:マリウス葉さん公式Instagramより)

元Sexy Zoneのマリウス葉さんは4月9日、自身のInstagramを更新。メンバーへの愛あふれる投稿が反響を呼んでいます。

【実際の投稿:マリウス葉、愛あふれる投稿を見る!】

「素敵な写真ばかりありがとう〜」

マリウスさんは「24」とつづり、写真を5枚載せています。知り合いとのツーショットや3月30日に迎えた24歳の誕生日を祝うケーキなど、日本に帰国中に撮影したと思われる写真です。4、5枚目ではSexy Zoneからtimelesz(タイムレス)に改名したグループメンバーへの愛あふれる写真を披露しています。特に5枚目には、脱退した中島健人さんも含む、“メンバー4人”のInstagramアカウントをタグ付け。ファンを泣かせにくるような粋な計らいです。

コメントでは、「SexyZoneは、永遠に、一生5人の宝物になったんだね」「素敵な写真ばかりありがとう〜」「最高で永遠の宝物」「マリちゃん、5人で揃ってくれてありがとう!!!!!」「すごく幸せな時間をありがとう」「いつも幸せをありがとう」「Sexy Zoneへの好きが溢れてる、、」「涙が出てしまう」と、感極まる声が続出しました。

日本を発ったマリウスさん

4月1日に改名の発表をし、佐藤勝利さん、菊池風磨さん、松島聡さんの3人体制となったtimelesz。改名発表に合わせて、現在は海外に滞在中のマリウスさんは帰国しました。すでに日本を発ったようです。それぞれの新たな旅立ちにエールを送りたいですね。
 
次ページ
timeleszメンバー&中島健人さんの投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応