「死ぬほど綺麗です」宇多田ヒカル、変わらない美しさのモデルショットに反響! 「妖精さんみたい」

歌手の宇多田ヒカルさんが、4月4日に自身のInstagramを更新。表紙を飾った26日発売の『NYLON JAPAN』(‎カエルム)のモデルショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:宇多田ヒカルさん公式Instagramより)

歌手の宇多田ヒカルさんは4月4日、自身のInstagramを更新。表紙を飾った26日発売の『NYLON JAPAN』(‎カエルム)のモデルショットを公開しました。

【実際の投稿:宇多田ヒカル、美しさ際立つモデルショット】

「ヒカルちゃん美し過ぎーっ!!」

宇多田さんは「NYLON JAPAN20周年号に、なんとダブルカバーで、私がこんなに載ってていいの?ってくらい写真と言葉がいっぱいです」とつづり、2枚の写真を投稿。1枚目では透明感あふれる純白の衣装に身を包んだショット、2枚目ではソファに寝転ぶ顔のアップショットを公開しました。どちらの写真も、1月に41歳になった宇多田さんの変わらない美しさと色気があふれています。

ファンからは「可愛いむり」「ヒカルちゃん美し過ぎーっ!!」「妖精さんみたい」「死ぬほど綺麗です、パイセン...」「目が離せない、釘付けです」など、称賛の声が多く寄せられました。

1998年に15歳でデビュー

宇多田さんは1998年に15歳で『Automatic/time will tell』でデビュー。その後も数々の名曲を生み出し、日本を代表するアーティストとして活躍しています。2024年4月10日には、デビュー25周年を記念したオールタイムベストアルバム『SCIENCE FICTION』を発売予定なので、気になった人はぜひチェックしてみてください。
 
次ページ
宇多田ヒカルさんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応