「舘様のロイヤル沼に落ちそうに」Snow Manファン46歳女性が宮舘涼太を“最高のキャラ”だと感じるワケ

9人組アイドルグループ・Snow Man。ダンス、歌、演技、トーク力……さまざまな側面で人気を集めていますが、特にファンが魅力を感じる部分を、46歳女性に聞いてみました。(サムネイル画像出典:宮舘涼太さん公式Instagramより)

STARTO ENTERTAINMENT所属の9人組アイドルグループ・Snow Man。前身ユニットでの活動を経て長い下積みを経験し、2020年に同事務所所属のSixTONESと同時にメジャーデビューを果たしました。深澤辰哉さん、佐久間大介さん、渡辺翔太さん、宮舘涼太さん、 岩本照さん、阿部亮平さん、向井康二さん、目黒蓮さん、ラウールさんの9人のメンバーそれぞれが個性を生かして多様なジャンルで活躍の場を広げています。

All About ニュース編集部が実施した調査から、ファンに深掘りしたSnow Manの魅力を紹介します。

「アイドルとしての意識の高さ」と「アイドルとは思えないほどの技術」

今回お話を聞いたのは、栃木県在住の46歳の女性。まず、グループの魅力を聞くと、「一番の魅力はアイドルとは思えないほどダンスと歌が上手なところ」だといいます。

具体的には「デビューしてまだ5年目とのことですが、下積みが長かったおかげでしょうか、プロフェッショナルな技術だけでなく、アイドルとしての意識の高さも感じさせられます」とのこと。また、「一人一人の個性が被ることなく際立っているところもファン層が幅広い魅力なのだと思います。メンバー間の仲の良さも、ビジネスとしてでなく本当に仲が良いのだろうなと感じられるところも素敵です」と語りました。

Snow Manにハマったきっかけを尋ねると、「昨年ディズニーランドに行ったときに、偶然それスノのロケをやっているところを見かけました。それまではグループ名を聞いたことがある程度で個々のメンバーまでは知らなかったのですが、あまりの人気ぶりだったので、あそこまで人気があるのには理由があると思い色々調べているうちに、あっという間にファンになりました」と回答。

さらに「私にとってアイドルはSMAPが最後だったのですが、あの頃のアイドルとは比べ物にならないくらいダンスも歌も上手で、約30年振りにアイドルに興味を持つようになりました」と続けています。

『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)のロケ現場に偶然居合わせることができるなんて、ファンにとっては最高のハプニングですよね。人気の理由を調べるうちに、Snow Manの魅力にどんどん引き込まれていったということでした。

「仕事が上手くいかずくじけそうになった時」Snow Manに救われた

Snow Manに救われたと思う瞬間を尋ねてみると、「仕事が上手くいかずくじけそうになった時に『ナミダの海を越えて行け』を聞いて、彼らもなかなかデビューできずに事務所を辞めたいと思ったことがあったけれど、それでも諦めずに続けてきたことで今のポジションを得ることができたんだと、諦めずに続けるパワーをもらいました」と語りました。

ほかのグループにはない、Snow Manだけの特徴だと思う点は、「9人が創り出す空気感」だといいます。「9人揃ってSnowMan、誰一人欠けても今の人気はなかったんだろうなと思わせるほど、絶妙なメンバー構成だと思います。あの空気感はメンバー一人一人がお互いを尊重しているからこそ出せるもので、一人でも俺様キャラがいたら成立しないと思います」と続けました。

「ロイヤル沼に落ちそうに」宮舘涼太さんは最高のキャラクター

続いて、メンバーそれぞれの魅力やグループ内での役割について聞きました。まずは、宮舘涼太さんについては、「エンターテイメントのプロフェッショナルだなと思います。どんなときも、言葉を話さなくても、そこにいるだけで面白いという最強のキャラだと思います。今後の活躍が期待される一人です」とのことで、「一度舘様のロイヤル沼に落ちそうになりました」と語ってくれました。

岩本照さんについては、「振付師というのは言うまでもなく、やはりリーダーなので、常に一歩引いて全体を見守り、みんながわちゃわちゃしたときに、きっちりとしめてくれるところです。時々はにかんだように笑う笑顔も魅力です」といい、深澤辰哉さんについては、「誰に対しても平等で、みんなを包み込んでくれるお父さんのような温かさです。いつも優しさが溢れ出ています。MCとしての力はSnowManの中でダントツです」と語りました。

ラウールさんに引けをとらない、抜群のスタイルの持ち主は?

さらに、ラウールさんは、「最年少、弟キャラでありながら、なかなかの毒舌というところが面白いです。モデルをやっているときのラウールはアイドルということを忘れさせるくらいかっこよすぎます」、渡辺翔太さんは「美肌・イケボキャラですが、バラエティで見せる面白さはダントツで、影のバラエティ班だと思っています。リアルイケメンでカッコイイのにポンコツというギャップも素敵です」とのこと。

向井康二さんは、「バラエティ担当ですが、実はずば抜けてスタイルが良いのがこーじ君です。顔が小さくて手足がすらっと長く、引きで見たときの美しさはラウールにも引けを取らないと思います。リビングの松永さんの最終回で見せたような、ガチでカッコイイ表情を見せてくれるのもこーじ君です。ふっかさんの次にMCが上手だと思っています。マッサマンから健ちゃんまで振り幅が広いタレントさんだなと思います。あと、歌っているときのこーじ君の高音は最強です」とのこと。

続けて、阿部亮平さんは、「真面目・天才キャラですが、実は本人はもっと笑いを取りに行きたいのかなと思わせるような、時々見せる迷走キャラが結構好きです。岩本さんとは違った、阿部ちゃんがいることでSnowManがまとまる部分があるんだろうなと思います」、目黒蓮さんは、「Silentを見ていた時はSnowManを知らなかったので、普通の若手俳優さんかと思っていました。彼の魅力は演技力ではないでしょうか」といいます。

佐久間大介さんの魅力については、「一見すると好き勝手騒いでいるオタクキャラですが、ふわっと全体を見渡していて、他のメンバーが放置したコメントも丁寧に拾ってあげるとても優しい人だなと思います。話を聞いていてもとても分かりやすいので、実はとても頭が良い人なのではないかと思っています」と語りました。

メンバー同士のやりとりの中で、それぞれの個性が際立つところもSnow Manの大きな魅力なのでしょうね。

Snow Manの共演者として「相性が良いと思う俳優」

Snow Manを好きになり始めた人に「入門編」としてまず見てほしいテレビ番組やドラマ作品は、『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)と回答。

その理由は、「それぞれの個性や魅力をそのまま見られる番組なので」とのこと。ほかにも、「あとは歌番組で歌とダンスを見て欲しいです」と続けました。

Snow Manの共演者として「相性が良いと思う俳優」は「広瀬アリスさん」。理由は、「姉御肌でサッパリしているので、共演しているところを見ても嫌な気がしない。他の女性俳優さんは多々『女』を感じさせるところがあり、見ていて嫌な気持ちになる」からなのだそう。
 
さらに、「相性が良いと思うタレント」は、「ROLAND(ローランド)さん」。理由を聞くと、「それスノで阿部ちゃんとROLANDさんの回での、ROLANDさんの言動に対するSnowManのリアクションが絶妙なので」とのことです。
  テレビドラマや映画だけでなく、バラエティ番組に出演するメンバーも数多いSnow Man。今後、どのような共演が果たされるのか、楽しみにしたいですね。

※回答者のコメントは原文ママです
※編集注:初出時、「SMILE-UP.所属」としていましたが、現在の所属事務所である「STARTO ENTERTAINMENT」の4月10日からの本格始動により、「STARTO ENTERTAINMENT所属」に訂正いたしました
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在