「ギャップで一気に沼った」Snow Manファンの33歳女性が明かす、箱推しのきっかけとなったメンバーとは

多くのファンを魅了する9人組アイドルグループ・Snow Man。ダンス、歌、演技、トーク力……さまざまな側面で人気を集めていますが、特にファンが魅力を感じる部分はどこにあるのでしょうか。33歳のファン女性に聞いてみました。 (サムネイル画像出典:『それSnow Manにやらせて下さい』公式Instagramより)

STARTO ENTERTAINMENT所属の9人組アイドルグループ・Snow Man。滝沢秀明さんがプロデュースする初のグループとして、2020年にメジャーデビューを果たしました。高いダンススキルや歌唱力が評価され、日本を代表するアイドルグループの1つとして活躍の場を広げています。

彼らのファンが感じる魅力や個性はどこにあるのでしょうか。All About ニュース編集部が実施した調査から、ファンに深掘りしたSnow Manの魅力を紹介します。

きっかけは、佐久間大介さん「ギャップで一気に沼った」

今回お話を聞いたのは、北海道在住の33歳の女性。まず、グループの魅力を聞くと、「絶対無二な絆」、そして「常にファンを喜ばせたいという気持ち」が表れているところだといいます。

具体的には、「仲の良さ。メンバーの絡み。何をしていても楽しそう」なところだといい、「沢山の困難を乗り越えてきた彼らだからこそのメンバーの絆」は、ほかのグループには無い絶対無二な点だと語りました。

Snow Manが、常にファンを喜ばせたいという気持ちが表れていると思うのは、「いつも楽しそうにおちゃらけているように見えるが凄く考えて行動している。一人一人が強い気持ちをもってアイドルをしている」と感じるからとのこと。

Snow Manにハマったきっかけを尋ねると、「佐久間大介さんがポカポカに出演しているのを見た時。ジャニーズは若い子と思っていたが、実はアラサーで、私の年齢に近かったから親近感が湧いた。ピンクの髪の毛の人が、デビューまでの苦労話を真面目に語っていてギャップで一気に沼った」と回答。「そこからYouTubeを見漁って全員にハマり、Snow Man箱推しとなった」と続けました。

ピンクヘアがトレードマークの佐久間大介さんをきっかけにSnow Manに興味を持ち、“箱推し”となった経緯を語りました。

佐久間大介さんは「かわいいもかっこいいも全部もっている」

Snow Manに救われた瞬間はどんなときだったか聞くと「佐久間大介さんに出会ったのが丁度人生のどん底だったがSnow ManのYouTubeを見てどんどんSnow Manにハマリ好きになっていく気持ちで人生のどん底から這い上がってこれた」とのこと。

ほかのグループにはない、Snow Manだけの特徴だと思う点は、「異常に仲がいい」ことだといいます。

Snow Manにハマるきっかけとなった佐久間大介さんの魅力については、「かわいいもかっこいいも全部もっている。元気印」と語りました。

そのほかのメンバーのグループでの役割を聞くと、岩本照さんについては、「お父さん的存在。悩みは全て受け止めて聞いてくれる」、深澤辰哉さんは「ふざけているようで1番安定している人。メンバーの事がよく見えてそう」、ラウールさんは「お兄ちゃん達に大事に大事に育てられた末っ子」など、まるで仲良し家族のようなメンバーの立ち位置について語りました。

メンバー間でのやりとりは、素の部分が見えることもあり、より繊細な魅力に気付けることも多いですよね。

Snow Manの共演者として「相性が良いと思う俳優」

Snow Manを好きになり始めた人に「入門編」としてまず見てほしいのは、「YouTube(スノチューブ)」だといいます。
 
その理由は「日常のSnow Manが見れる」とのこと。2024年4月1日時点でチャンネル登録者数が320万人を超えるSnow ManのYouTubeチャンネルでは、リリースした楽曲のMVなどのほか、人狼ゲームをするなどメンバー同士がはしゃいでいる姿を見ることができる動画が人気です。

さらに、Snow Manの共演者として「相性が良いと思う俳優」を聞いてみると、「中村倫也さん」と回答。

理由を聞くと「Snow Manの全力のボケに的確に突っ込んでくるし突然のボケもかますテンポ感がバッチリ合っていた」とのこと。過去に『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)に中村倫也さんがスタジオゲストとして出演した際に見られたテンポの良いやりとりは、ファンの間で“神回”として記憶に残っているようです。

テレビドラマや映画だけでなく、バラエティ番組での共演が注目されるSnow Man。今後、どんな共演によってメンバーの新しい一面が引き出されるのか、楽しみにしたいですね。

※回答者のコメントは原文ママです
※編集注:初出時、「SMILE-UP.所属」としていましたが、現在の所属事務所である「STARTO ENTERTAINMENT」の4月10日からの本格始動により、「STARTO ENTERTAINMENT所属」に訂正いたしました
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応