高級ネタが安価で楽しめる“隠れ家な鮨屋”。仕入れにこだわった新橋「鮨処 一石三鳥」に突撃【実食リポ】

3月20日、東京・新橋に「鮨処 一石三鳥」がオープン。市場を通さない独自の仕入れ方法で圧倒的なコストパフォーマンスを実現しており、「高級なネタを安価で味わえる」ことが最大の魅力なのだそう。試食会に行ってきた編集部メンバーが実食リポートしました。

「鮨処 一石三鳥」
「鮨処 一石三鳥」がオープン

一石三鳥グループは3月20日、東京・新橋に新店舗「鮨処 一石三鳥」をオープン。開店前日に行われた試食会に編集部メンバーで早速行ってみました!

市場を通さない仕入れ方法で、コストパフォーマンスを実現

本店の焼き鳥屋「厳選焼鳥 一石三鳥」
本店「厳選焼鳥 一石三鳥」
一石三鳥グループは本店の焼き鳥屋「厳選焼鳥 一石三鳥」をはじめ、ワイン棚に扮(ふん)した扉の中にある会員制の鮨屋「鮨 鴉巣」、辺鄙(へんぴ)な立地で看板のない焼肉屋「和牛料理 一石三鳥」などを次々とオープンし、話題に。

2023年12月、大阪にオープンした非会員制の「鮨 豊」も大反響で、オープンわずか10日で予約半年待ちに……! 「ぜひ東京でも」というリクエストが殺到し、待望の新店舗「鮨処 一石三鳥」が新橋にてオープンしました。
仲卸業
“鮨バブル”といわれる昨今ですが、なるべく安価に最上級の味を楽しんでもらえるよう、仲卸業をスタートしたそう。市場を通すことなく仕入れることによっておいしさ、鮮度ともに最上級のネタを仕入れつつ、コストを削減。安価で高級鮨を届け、「価格破壊」をかなえる仕組みが可能となりました。

高級感……でも入りやすい雰囲気。シックでおしゃれな店内に気分が高まる

では、早速お店へ行ってみましょう!

店舗は、JR新橋駅から徒歩2分、都営大江戸線・ゆりかもめ汐留駅から徒歩3分ほどで、本店である「厳選焼鳥 一石三鳥」のほぼ真裏に位置しています。
外観
大人な雰囲気のシックな外観
外観から和の雰囲気を感じる「厳選焼鳥 一石三鳥」とは異なり、「鮨処 一石三鳥」は黒塗のシックな外観。重厚感がありつつも、入りづらさは感じさせない、比較的カジュアルな印象です。
内観
店内はカウンター席のみで、全部で13席
内観
カウンター内での調理の様子がよく見える
店内は全席カウンター席で、落ち着いた和の雰囲気を感じられます。早速着席すると、ほんのりいい香りが……! どこから香っているのか伺うと、おしぼりだそう。ヒノキの香りがふわっと漂い、食事への期待感も高まります。

メニューはコースのみで、「おまかせコース」(8800円)と「一石三鳥コース」(1万3000円)の2種類。どちらのコースも、メニューは仕入れによって変動するそうです。

今回は、「おまかせコース」にマグロ3貫が加わった特別なメニューをいただきました。
「おまかせコース」8800円(8貫、料理8品)
「おまかせコース」8800円(8貫、料理8品)
「一石三鳥コース」1万3000円(13貫、料理8品)
「一石三鳥コース」1万3000円(13貫、料理8品)
次ページ
【実食リポ】お酒や料理……どれもクオリティがすごい!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化