現役セクシー女優・霜月るな、松本人志の裁判に「証人として出ましょうか?」「いつでも力になります」

セクシー女優の霜月るなさんが3月4日、松本人志さんと文藝春秋の裁判について言及。証人を申し出る内容をポストし、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:霜月るなさんInstagramより)

現役セクシー女優の霜月るなさんが3月5日、自身のX(旧Twitter)を更新。松本人志さんの裁判についてポストしました。
 

【実際の投稿:霜月るな、松本人志の裁判の証人申し出る】

「自信を持って真実を発信しています」

霜月さんは、「私は自信を持って真実を発信しています。なんなら、裁判で証人として出ましょうか?それで松本人志さんを救えるなら。私はいつでも力になります」と、松本人志さん側には追い風になり得る内容を投稿。
 

このポストには、「松本さん救って」「応援するよ」「めちゃくちゃ力強い」「口だけコメンテーターより貴女がすげぇカッコイイ」「この発信がまっちゃんを救う大きな力になりますように」など、大きな反響を呼んでいます。

YouTubeでの発信についても言及

4日のポストで霜月さんは、「YouTubeで事実を発信してみては?とコメントなどで提案を頂きますが、私は自分のYouTubeの収益で稼ぎたいとか考えてない」「だから、YouTubeでも発信するつもりは無い」とつづり、YouTubeでの真相告白は現時点でないようです。「ただ、私は素直に松本人志さんを救いたい。助けたい。もっかいテレビで活躍してる姿を見たいねん」と、胸中を明かしていました。
 

松本さんの所属事務所である吉本興業は1月22日、『週刊文春』の性加害報道を受け、発行元の文藝春秋と同誌編集長に対し、名誉棄損(きそん)に基づく損害賠償請求および訂正記事を求め、提訴したことを発表。3月28日に東京地裁で行われる第1回口頭弁論を控えています。
 

次ページ
ほかの投稿もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない