中田敦彦、松本人志に“物申す動画”が反響。松本「2人だけで話せばいいじゃん 連絡待ってる」

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さんが自身のYouTubeで、お笑い界の重鎮であるダウンタウンの松本人志さんに向けた動画を公開。松本さんもTwitterで反応するなど、動きを見せています。さぁ、どうなる!?(サムネイル画像出典:中田敦彦さん公式YouTube動画より)

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さんが5月29日、自身のYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY」で動画を更新。『【松本人志氏への提言】審査員という権力』と題した動画を投稿し、反響を呼んでいます。
 

【実際の動画:中田敦彦、松本人志に提言】
 

松本さんの「価値への介入」について言及

中田さんは、20日に放送された『THE SECOND』(フジテレビ系)でアンバサダーを務めた松本さんについて、「アンバサダーはすごい微妙な立ち位置」「大会の顔だけを求められる」と前置き。その上で、決勝戦に進出したお笑いコンビのマシンガンズの紙を用いたネタに対し、「紙を出すっていうのがどう捉えられるかな?」と意見を述べたのは、「価値観への介入」であると指摘します。
 

『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系列)では審査員の積極的な意見を求められますが、『THE SECOND』は審査員なしの来場客による投票を導入しています。しかし、松本さんが意見を述べたことで「客票を跳ね除けた」と中田さんは言い、「お笑いは徹底的に大衆演芸」で「ウケた方が勝ち」「審査員が審査するということ自体が矛盾」であり、「審査員の好みや思想が優先されている状態」と話しました。
 

「審査員をやりすぎなのではないか?」

さらに中田さんは、「審査員をやりすぎなのではないか?」「『M-1』だけに絞られるのがよろしいかと」と、松本さんに動画を通して提案。また、『THE SECOND』については「松本さん以外の価値観を持つ人たちにそのハンドルを渡す事で お笑い界に新しい価値観や新しいスターができる土壌を作る事が お笑い界全体への貢献になるのでは」と、提言しました。
 

松本さんは『M-1グランプリ』のほか、『キングオブコント』(TBS系)、『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)、『人志松本のすべらない話』(同)など、確かに多くの番組に関わっています。中田さんは、「少なくとも『THE SECOND』は違うフォーメーションでいってほしかった」「爆笑問題さんに一個でもお譲り頂けないですか?」とも語っています。
 

さらに、松本さんに対して「何も物が言えないって空気が凄いある」と、ジャニー喜多川氏の件を例に挙げながら解説。「生きてる間に言えないんだよ」と、お笑い界の現状についても話しました。
 

コメント欄には、「どんな業界にいても学ぶべき内容でした」「確かに、審査員云々の意見は関係なく、自分が笑った方が勝ちですよね」「何1つ間違ってない」「テレビ業界にここまで踏み込めるのは中田さんだけ」など、共感と称賛の声が相次いでいます。中には、「さんまさんが賞レースの審査をしない理由を前に番組で笑いには上も下もないねん!うけたかうけなかったかだけや!って話てた事を思い出しました」という声も上がりました
 

動画に松本さんも反応

30日、松本さんは自身のTwitterで「テレビとかYouTubeとか関係なく2人だけで話せばいいじゃん 連絡待ってる!」と、中田さんに向けたメッセージと思えるツイートをしています。
 

ファンからは、「テレビとかYouTubeで話して欲しい」「これでYouTubeでもテレビもお笑い界もまた盛り上がる」「今までの遺恨も含めてマジで話して下さい」「対談たのしみ」と、2人の対談を望む声があふれました。松本さんと中田さんによる“サシ”の対談が今後、公開されるのでしょうか。多くのお笑いファンがこの騒動の行く末に注目しています。
 

 

 

【おすすめ記事】
信頼できるM-1歴代審査員ランキング! 2位「ナイツ」塙宣之を抑えた圧倒的1位は?
今や国民的行事に! 漫才日本一を決めるM-1グランプリ、意外と知らない歴史をおさらい
【M-1グランプリのジンクス】信じるか信じないかはあなた次第? 優勝のジンクス・準優勝のジンクスとは
「ナメんな」メンタリストDaiGo、田村淳への“果たし状”動画公開が話題「どうぞ訴訟してください」田村淳は「これ以上コメントできない」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化