意外と知らないグルメのひみつ 第49回

【ちいかわ再現レシピ】くりまんじゅうのお酒のお供「チーズしょうゆもち」を実際に作ってみた

累計270万部を突破するナガノさんの大人気漫画『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』(講談社)。時にダークなエピソードもありつつ、思わずほっこりする料理シーンも。今回は作中の気になる料理を実際に再現してみました。

ちいかわ再現レシピ
くりまんじゅうのお酒のお供「チーズしょうゆもち」を作ってみた
漫画家・イラストレーターとして活躍するナガノさんの大人気漫画『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』。

『ちいかわ』の中でも特に人気な食べ物のシーン

『ちいかわ』
『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』(講談社)漫画1~3巻(現在6巻まで発売中)
タイトルの通り、かわいらしいキャラクターが多数登場しますが、そのストーリーは意外に奥深いのが特長。ファンタジーな世界でも、生きていくためには仕事も勉強も必要、でも努力すれば必ず成功するわけじゃない……。

仲間同士で助け合いながら、毎日を楽しく生きようとするちいかわたちの様子が大人を中心に共感を呼び、電子版を含む漫画の発行数は累計270万部を突破するほど! テレビアニメほか、コラボカフェやグッズなども好評を博しています。
1~3巻だけでも食べ物の登場シーンがこんなに
1~3巻だけでも食べ物の登場シーンがこんなに!
ハードさも含んだ『ちいかわ』ストーリーの中で、思わずほっこりしてしまうのが食べ物のシーン。実在の商品や料理もよく登場し、SNSでトレンド入りすることもしばしば。時にはメーカーの公式Webサイトがアクセス集中によりサーバーダウンするほど、毎回大きな反響を呼んでいます。
「ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ」コミックスの帯より、主要キャラクターの紹介
『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』の帯より、主要キャラクターの紹介
そこで今回は『ちいかわ』に出てくる料理をレシピとして再現! 「コラボカフェでは食べられないメニュー」「レシピがネット上に少ないもの」に注目し、実際に作ってみました。

チュッと一献、お酒が進む! くりまんじゅうが作る「チーズしょうゆもち」

「ちいかわ」くりまんじゅうが作る「チーズしょうゆもち」
くりまんじゅうが作る「チーズしょうゆもち」
飲酒が資格制のちいかわの世界。今のところ資格を持っているのは「くりまんじゅう」という主要キャラクターで、お酒とおツマミを楽しんでいる姿がたびたび描かれています。

ある時、手慣れた様子で作ったのがこの「チーズしょうゆもち」。月を見ながら日本酒でチュッと一献、最後のコマの「ハーッ……」に、心からリラックスしている様子が伝わります。
 
「ごま油でもちを焼く」という発想が面白いですよね。実際に作ってみると、もちの甘みにチーズの塩味としょうゆの香ばしさがよく合います。確かにお酒も進みそう! 

材料(2個分

「しょうゆチーズもち」材料
「しょうゆチーズもち」材料
・切りもち:2個
・ごま油:小さじ1
・粉チーズ:小さじ1
・しょうゆ:小さじ1

作り方

1:フライパンにごま油を引き、もちを入れて中火に加熱する。両面に焼き目がつくくらいまで4~5分程度焼く。
餅の表面にごま油がしみて、カリカリとした見た目に
もちの表面にごま油がしみて、カリカリとした見た目に
2:火を止めてから粉チーズを振り、しょうゆを回しかける。弱火で加熱し、もちの両面をなじませるように焼いたら完成!
熱したフライパンに粉チーズを入れると跳ねるので、火を止めてから入れます
火を止めてから入れます

熱したフライパンに粉チーズを入れると跳ねるので、火を止めてから入れましょう。
 

登場人物たちのかわいらしさに癒されつつ、いろいろと考えさせられるエピソードも満載の『ちいかわ』。 料理という視点からちいかわを見てみると、また新たな魅力が楽しめます。ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。

この記事の筆者:田窪 綾 プロフィール
調理師免許を持つフリーライター。約8年間のレストラン・キッチン勤務経験を生かし、食分野を主軸に活動中。飲食店&新商品取材、オーナーインタビュー、グルメコラムを中心に、「ツギノジダイ」「近代食堂」など複数メディアで執筆を行う。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化