「声が好き」なフリーアナウンサーランキング! 2位『田中みな実』を抑えた1位は?

いまやテレビ番組には、なくてはならない存在となっている「フリーアナウンサー」。高い人気を誇るフリーアナが多い中、今回は「声」に注目してオリジナルのランキングを作成しました。(サムネイル画像出典:マキア&マキアオンライン編集部の公式Instagramより)

各番組で活躍しているフリーアナウンサーは、元はテレビ局で活動し確かな技術を持っている人ばかりです。特に声がきれいなフリーアナウンサーが多く、視聴者から高い評価を受けています。

そこで、今回は活躍しているフリーアナウンサーの「声」についてのランキングを作成しました。

All About ニュース編集部は1月30日~2月29日、全国10~70代の男女323人を対象に「フリーアナウンサー」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「声が好きなフリーアナウンサーランキング」を紹介します!

>14位まで全ランキング結果を見る

2位:田中みな実(元TBSアナウンサー)

2位には、多方面で活躍している「田中みな実」さんがランクインしました。2009年にTBSへ入社し、人気バラエティ番組に出演して大活躍。独特なあざとかわいいキャラを披露し、男性から絶大な人気を集めました。

2014年9月にフリーアナウンサーに転身すると、モデル業が成功し美のカリスマとして女性からの支持を獲得。2019年12月に発売した写真集『Sincerely yours...』が大ヒットするなど、独自の路線でブレークします。『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)をはじめ、『最愛』(TBS系)、『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系)などのドラマに出演して、俳優としても大活躍中。2024年4月には、ドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)に出演予定です。おだやかで女性らしい声が魅力で、ラジオ番組『田中みな実 あったかタイム』(TBSラジオ)も放送しています。

回答者からは、「キャラも、相まってよりかわいく聞こえる」(20代男性/千葉県)、「特徴的な女性らしい高い声質で耳に残りやすいから」(20代女性/新潟県)、「声だけで顔が浮かぶから」(50代男性/山口県)などの意見が寄せられました。

1位:有働由美子(元NHKアナウンサー)

1位を獲得したのは、「有働由美子」さんでした。1991年にNHKへ入局した有働さんは、『NHKニュースおはよう日本』『NHKニュース10』などで知名度を上げます。また、『あさイチ』の司会を務め女性人気を獲得すると、国民的番組の『NHK紅白歌合戦』で総合司会を担当。確かなアナウンス技術を持ち、落ち着いた声で数多くの番組で活躍しました。

2018年にNHKを退局すると、ジャーナリスト・フリーアナウンサーに転身。ニュース番組『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターを長く務め、『zero選挙』(日本テレビ系)の司会でもおなじみ。『嗚呼!!みんなの動物園』(日本テレビ系)でナレーターを務めるなど、さまざまな番組で美声を披露しています。そんな有働さんは、『news zero』を2024年3月で卒業すると発表。今後は、どんな活動をするのか注目されるアナウンサーです。

回答者からは、「落ち着いていてとても心地よい声だと思います」(60代女性/千葉県)、「声だけでなく、やはり元NHKだけあって滑舌も良く聞き取りやすい」(50代女性/大阪府)、「低めの声でハキハキ話してくれるので聞き取りやすい」(30代女性/兵庫県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
14位まで全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選