好きな「女性フリーアナウンサー」ランキング! 2位『有働由美子』を抑えた1位は?

All About ニュース編集部では、フリーアナウンサーについてのオリジナルのランキングを作成しました。この記事では、特に女性フリーアナウンサーに焦点を当て、誰が人気なのかを探っていきます。(サムネイル画像出典:NHKあさイチの公式Instagramより)

All About ニュース編集部は1月30日~2月29日、全国10~70代の男女323人を対象に「フリーアナウンサー」に関するアンケート調査を実施。この記事では「好きな女性のフリーアナウンサーランキング」を紹介します!

>16位までの全ランキング結果を見る

2位:有働由美子(元NHKアナウンサー)

2位には、「有働由美子」さんがランクインしました。1991年にNHKへ入局すると、同局の『NHKニュースおはよう日本』『サンデースポーツ』『NHKニュース10』などを担当。『あさイチ』の司会や『NHK紅白歌合戦』の総合司会などで、同性からも抜群の人気を獲得します。

2018年3月にNHKを退局するとフリーアナウンサーとなり、長くニュース番組『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターを務めます。関連番組の『zero選挙』(日本テレビ系)でも司会を務め、さらにラジオ番組などにも出演。『news zero』を2024年3月で卒業すると発表済みで、今後の活動が注目されています。

回答者からは、「ニュースキャスターとして、堅実な仕事をされている。伝え方がわかりやすい」(60代男性/大阪府)、「表裏が無さそうで、背伸びしてない感じが良い」(50代女性/東京都)、「女性を武器にしないプロ意識が高いことと、男性アナウンサー同様ユーモアを感じられ好感がもてる」(50代女性/神奈川県)などの意見が寄せられました。

1位:田中みな実(元TBSアナウンサー)

1位には、「田中みな実」さんがランクインしました。2009年にTBSへ入社すると、同局の『サンデー・ジャポン』『爆報!THEフライデー』『有吉ジャポン』などで活躍。主にバラエティ番組に出演して、独特なあざといキャラクターで人気を獲得します。

2014年9月にTBSを退社して独立すると、他局のさまざまなバラエティ番組に出演。美のカリスマとして女性からの人気も高め、2019年12月に発売した写真集『Sincerely yours...』は大ヒットを記録します。『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)などで、本音を語るフリーアナウンサーとして人気に。さらに俳優業も好調で、2024年4月にはドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)に出演予定。モデルとしても活躍中で、女性フリーアナウンサーを代表する存在として有名です。

回答者からは、「自分に厳しく徹底的に自己管理されていてすごいと思います」(60代女性/千葉県)、「綺麗で大人な雰囲気で、何より知性にあふれている」(40代男性/大阪府)、「バラエティやドラマなど色々な分野で活躍している」(30代女性/岩手県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
16位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴