好きな「フリーアナウンサー」ランキング! 2位『羽鳥慎一』、1位は?

All About ニュース編集部では、テレビ番組を中心に活躍する「フリーアナウンサー」に関する独自のアンケート調査を実施しました。この記事では、好きな『フリーアナウンサー』ランキングの結果を紹介。(サムネイル画像出典:ぶらり途中下車の旅の公式Instagramより)

現在では、さまざまなテレビ番組で「フリーアナウンサー」が活躍中です。元々はテレビ局で働いていたアナウンサーが多く、独立することで仕事の幅を広げています。

All About ニュース編集部は1月30日~2月29日、全国10~70代の男女323人を対象に「フリーアナウンサー」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「好きなフリーアナウンサーランキング」を紹介します!

>22位までの全ランキング結果を見る

2位:羽鳥慎一(元日本テレビアナウンサー)

2位は「羽鳥慎一」さんでした。1994年に日本テレビに入社した羽鳥さんは、同局でバラエティ番組の司会やスポーツ中継などで活躍。『ズームイン!!SUPER』(日本テレビ系)の総合司会をはじめ、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)や特別番組の司会などで人気を獲得します。

2011年3月に日本テレビを退社してフリーに転身すると、すぐに朝の情報番組『モーニングバード』(テレビ朝日系)を担当。2015年9月から『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で総合司会を務め、朝の顔として大活躍中です。安定したアナウンス技術と、生放送にも対応できるアドリブ力で、数多くの番組に出演しています。ORICON NEWSが発表する、『好きな男性アナウンサーランキング』では上位の常連で、高い人気を誇るアナウンサーです。

回答者からは、「実力と好感度を兼ね備えており、様々な番組で大活躍しています」(50代男性/北海道)、「信頼できるというか、長年聞きなれ見慣れている安心感がある」(50代女性/埼玉県)、「きちんとニュースを読むだけではなく、コメントも的確だから」(40代女性/群馬県)などの意見が寄せられました。

1位:田中みな実(元TBSアナウンサー)

1位は「田中みな実」さんがランクインしました。2009年にTBSへ入社すると、同局で『サンデー・ジャポン』『爆報!THEフライデー』『有吉ジャポン』など、主にバラエティ番組に出演。かわいらしいビジュアルを武器に、あざといキャラクターでブレークします。

2014年9月にTBSを退社してフリーに転身すると、『グータンヌーボー2』(カンテレ)、『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)など、話題の番組に引き続き出演。さらに、2019年12月に発売した写真集『Sincerely yours...』は大ヒットを記録し、女性のカリスマとしてモデル業も行っていきます。

現在は俳優業をメインに活動し、2024年4月からはドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)に出演予定。ラジオ番組やCMなどでも活躍し、高い好感度を得ています。

回答者からは、「人の意見に流されず自分を貫くところが好きだから」(40代女性/大阪府)、「アナウンサーとしてだけでなく、俳優としてマルチな活躍をして才能があるアナウンサーだから好き」(70代男性/神奈川県)、「美容に力を入れていて、かわいいし努力もしている」(40代女性/長崎県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
22位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても