「人間関係の築き方が学べる漫画」ランキング! 1位『君に届け』、2位の同率5作品は?

「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、10~50代以上の男女100人に、漫画についてのアンケート調査を実施。今回は「人間関係の築き方が学べる漫画」ランキングの結果をご紹介!(サムネイル画像出典:Amazon)

エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは2月29日、漫画に関するアンケート調査結果を公表しました。同調査は、全国10〜50代以上の男女100人を対象にインターネット上で実施(調査期間:2023年10月10日〜11月30日)。調査結果から「人間関係の築き方が学べる漫画」ランキングを紹介します。

>7位までの全ランキング結果を見る

第2位はなんと同率が5作品!

2位は、以下の5作品でした。

同率2位:ONE PIECE
『ONE PIECE』(画像出典:Amazon)
『ONE PIECE』(画像出典:Amazon
2位の1作品目は、尾田栄一郎さんの『ONE PIECE』(集英社)。麦わら帽子をかぶった少年、モンキー・D・ルフィが、海賊王になるためにひとつなぎの大秘宝、ワンピースを探し、仲間たちと共に航海の旅をしていく冒険アクション漫画です。

同率2位:SLAM DUNK
SLAM DUNK(画像出典:Amazon)
『SLAM DUNK』(画像出典:Amazon
2位の2作品目は、井上雄彦さんの『SLAM DUNK』(集英社)。不良少年の高校生・桜木花道が一目ぼれをきっかけにバスケットボール部に入部し、生まれ持った才能を開花させ、チームメイトたちと切磋琢磨していく青春バスケットボール漫画です。

同率2位:キャプテン
キャプテン(画像出典:Amazon)​​​​​​​
『キャプテン』(画像出典:Amazon
2位の3作品目は、ちばあきおさんの『キャプテン』(集英社)。中学2年時に野球の名門・青葉学院中学校から墨谷第二中学校に転校してきた主人公・谷口タカオが、やがてチームのキャプテンとして活躍する姿を描いています。

同率2位:闇金ウシジマくん
闇金ウシジマくん(画像出典:Amazon)
『闇金ウシジマくん』(画像出典:Amazon
2位の4作品目は、真鍋昌平さんの『闇金ウシジマくん』(小学館)。法外な金利で金を融資している無届けの貸金業者、カウカウファイナンス社長・丑嶋馨のもとに訪れる顧客たちの人間模様、社会の闇を描いた作品です。

同率2位:鬼滅の刃
鬼滅の刃(画像出典:Amazon)​​​​​​​
『鬼滅の刃』(画像出典:Amazon
2位の5作品目は、吾峠呼世晴さんの『鬼滅の刃』(集英社)。大正時代の日本で、家族を鬼に殺された主人公・竈門炭治郎が鬼になった妹・禰豆子を人間に戻すべく奮闘する作品です。

第1位:君に届け

『君に届け』(画像出典:Amazon)
『君に届け』(画像出典:Amazon
1位は、椎名軽穂さんの『君に届け』(集英社)でした。『別冊マーガレット』で連載され、全30巻と番外編全3巻で完結。暗い雰囲気と見た目から「貞子」と呼ばれていた高校生・黒沼爽子が、クラスメイトの風早翔太と出会い、青春を謳歌(おうか)していくさまを描く学園もののラブストーリーです。

2009年から放送されたアニメ化をはじめ、2010年の実写映画化、2023年には南沙良さんと鈴鹿央士さんによるドラマも放送されました。

回答者からは「主人公が、周りの人間と関わり、時にはぶつかり合いながら、友情や恋を育んでいく様子が描かれているからです。自分だけが不器用なのではなく、みんなそれぞれ、心にいろんなものを持っていて、それが交わっていく様子が素敵な漫画でした」「自分が変わらないと相手も変わらないということを主人公が身を持って教えてくれる作品だと思うからです。また主人公の頑張りを見ていると、自分も勇気をもって親しくなりたい人に近づいてみようと思えます」という声が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
7位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊藤純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴