お腹が鳴った「グルメマンガ」ランキング! 『異世界居酒屋「のぶ」』を抑えた圧倒的1位は?

4840人が選んだ、お腹が鳴った「グルメマンガ」ランキング! 人気ライトノベルが原作の異世界グルメファンタジー『異世界居酒屋「のぶ」』を抑えた圧倒的人気グルメ漫画1位は? (サムネイル画像出典:Amazon)

異世界居酒屋「のぶ」
『異世界居酒屋「のぶ」』(画像出典:Amazon
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレが運営する、国内最大級電子コミック配信サイト「コミックシーモア」は、2月10日の「フードの日」にちなんで、「お腹が鳴ったグルメマンガランキング」を発表。ランキングは、全国の「コミックシーモア」会員4840人を対象にインターネット上で実施したアンケート調査結果を元に作成しました(調査期間:2023年12月6〜8日)。
 
>3位までの全ランキング結果を見る

2位:『異世界居酒屋「のぶ」』(KADOKAWA)/987票

2位は、蝉川夏哉さんによるライトノベルが原作の『異世界居酒屋「のぶ」』(KADOKAWA)でした。古都・アイテーリアにつながるとうわさの酒場「居酒屋 のぶ」を舞台に繰り広げられる異世界グルメファンタジー。居酒屋「のぶ」の店長・矢澤信之と看板娘「シノブちゃん」が提供するおいしい料理とキンキンに冷えた「トリアエズナマ」に異世界の住民たちは次々ととりこになっていきます。

回答者からは、「居酒屋メニューがこれほど美味しそうに描かれた漫画はないと思う」「居酒屋メニューがなんだかんだ最高」など、作中に登場する、だし巻き卵やさばのみそ煮、肉豆腐やアジフライなど、定番の居酒屋料理に心を奪われた読者からのコメントが寄せられました。

1位:『きのう何食べた?』(講談社)/2315票

1位は、よしながふみさんによる漫画、『きのう何食べた?』(講談社)でした。几帳面な弁護士・筧史朗と、人当たりの良い美容師・矢吹賢二のカップルの日々の食生活を巡る物語。「小松菜と厚揚げの煮びたし」や「いわしの梅煮」、「ミネストローネ」など、シロさん、こと筧史朗が作る、リーズナブルでおいしい食事が2人のほのぼのとした日常を彩ります。

回答者からは、「楽しそうに食べる二人が大好きです」「BLなのにほのぼのしながら一緒に食べたくなります」などの声のほか、「日常の一コマ的な料理紹介がしっくりきて良い」「作中で作っていたものを、実際に作ったことがある」など、実際にそのレシピをまねして作ったことがあるというコメントも寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
3位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も