人生で最も「熱狂した」歴代女性アイドルランキング! 2位「AKB48」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は「人生の中でハマった、熱狂したアイドル」に関する調査を実施。その結果をランキング形式で紹介します。(サムネイル画像:AKB48公式Instagramより)

All About ニュース編集部は1月30日~2月18日の期間、全国10~70代の446人を対象に「人生でハマった歴代女性アイドル」に関する調査を実施。本記事ではその調査結果から、回答者が「人生の中でハマった、熱狂したアイドル」をランキング形式で紹介します。

>18位までの全ランキング結果を見る

2位:AKB48

2位には、AKB48がランクイン。秋元康さんがプロデュースし、2005年に東京・秋葉原のAKB48劇場から活動をスタートさせました。

1期生には前田敦子さん、峯岸みなみさん、高橋みなみさんらが名を連ね、2023年は在籍17年の最年長メンバー、柏木由紀さんが卒業を発表。2024年3月には柏木さん初の単独センター曲『カラコンウインク』をリリースします。

アンケート回答者からは、「CDやテレビ番組、グラビアが載ってる雑誌を片っ端から買ってた(30代男性/東京都)」「アイドルそのものの価値観を変えてくれたから(50代男性/長野県)」「もう引退してしまったけれど、渡辺麻友にはまりました。完璧な笑顔で、すごいオーラに圧倒された、まさに正統派アイドルでした(60代女性/東京都)」などの声が。

「小学生の頃フライングゲットや、会いたかったなどの曲を聞いて、踊って歌うアイドルにハマった。また、選抜総選挙といって、投票型の選抜があったりそれまでのアイドルではなかなか考えられないイベントを開催していて、とても惹かれていた(20代女性/神奈川県)」というコメントもありました。

1位:モーニング娘。

今回の1位は、モーニング娘。でした。1997年にバラエティ番組『ASAYAN』(テレビ東京系)のオーディション企画から誕生。初期メンバーは安倍なつみさん、飯田圭織さん、石黒彩さん、中澤裕子さん、福田明日香さんの5人でした。

その後は後藤真希さん、加護亜依さん、辻希美さんらが加わり、『LOVEマシーン』『恋愛レボリューション21』『ハッピーサマーウェディング』といったヒット曲を連発しました。2014年からはグループ名に西暦年を入れており、現在はモーニング娘。’24として活動。回答では、次のような理由が寄せられました。

「カードやシールも集めていて、ライブも初めて見に行った(40代女性/岐阜県)」

「少ないお小遣いでプロマイドを集めたり、毎年出すクリスマス缶を買ったりしていた(30代女性/神奈川県)」

「CDも繰り返し聴いたし、ライブDVDも何度も見返すほどハマった。カラオケでもモーニング娘。関連の曲しか歌わない時期もあったほど(40代女性/熊本県)」

「当時はラブマシーンや恋愛レボリューション21など歌もキャッチーだし、ダンスも魅力的だったし、安倍なつみさんや後藤真希さんなど素敵なメンバーばかりだったので、かなりハマりました(30代男性/茨城県)」

「小学生の頃、モーニング娘。にハマり、ペンケースや鉛筆や消しゴム、クリアファイルなど、文房具を全てモーニング娘。のグッズで揃えていた(20代女性/千葉県)」


※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
18位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴