オズワルド畠中、腎臓がんの手術終了。最新ショットも公開し「卓越した先生の技術により」と報告!

お笑いコンビ・オズワルドの畠中悠さんは2月29日、自身のXを更新。手術が無事に終了したことを報告し、ファンからは安堵(あんど)の声が寄せられました。(サムネイル画像出典:畠中悠さん公式Xより)

 お笑いコンビ・オズワルドの畠中悠さんは2月29日、自身のX(旧Twitter)を更新。手術が無事に終了したことを報告しました。

【実際の投稿:畠中悠、手術終了の報告!】

「ゆっくり休んで」

畠中さんは「皆さま、ご心配おかけしております」と書き出し、「今朝手術をして昼過ぎには終わりました」と報告。さらに「卓越した先生の技術により、予定よりも早めに上がらせてもらいました」と、手術は順調に終わったことを明かしました。また「今はふくらはぎを揉むマッサージみたいな機械が付いててそれが気持ちいいです」とのこと。

ポストに載せられた1枚の写真には、病室のベッドに横たわる畠中さんの姿が写されています。簡易酸素マスクのような器具を付けてはいますが、笑顔を見せ、ほっと一安心する姿です。

コメントでは、「無事終わったみたいですね!お疲れ様でした」「手術、無事でよかった!」「無事に終わってよかった」「ゆっくり休んで」「お大事に〜」「よく頑張りました 復帰を楽しみに待ちます」など、温かい声が多数上がっています。

「にしてもあるなら言ってくれよ右腎臓!」

28日深夜に放送されたTBSラジオ番組『ほら!ここがオズワルドさんち!』で、初期の腎臓がんを明かしていた畠中さん。29日のポストでは「今日から少しの間お休みをいただきますが、無事何事もなかったかのように戻ってくる予定です!」と表明し、「にしてもあるなら言ってくれよ右腎臓!俺が去年PET検査やってなかったらどうするつもりだったんだよ!みんなも検査して!」とファンへ呼び掛けていました。今回、無事に手術が終わってよかったですね。復帰を楽しみにしています!
 
次ページ
畠中さんの普段のポストも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化