渋谷駅から徒歩5分! 新オープンした滞在型施設「ハイアットハウス 東京 渋谷」の内部をリポート

再開発が進む渋谷駅周辺に2024年2月26日、新コンセプトの滞在型施設「ハイアットハウス」がオープンしました。そのコンセプトは「暮らすように泊まる」というもの。従来の宿泊施設とは一体何が違うのか。内覧会でチェックしてきました。

写真で見る「ハイアット ハウス 東京 渋谷」

スイートルーム
ダイニングスペースもある広々としたスイートルーム
洗濯乾燥機
客室には洗濯乾燥機を完備。「暮らす」をイメージした空間づくりが徹底されている
大きなクローゼット
大きなクローゼットに、冷蔵庫、オーブンレンジ。キッチンスペースには鍋や食器もそろう
ワークスペース
窓に面した明るいワークスペースも。リモートワークもはかどりそう
インドアプール
広々としたインドアプール。宿泊者は無料で利用することができる
フィットネスセンター
大きな窓と鏡の配置されたフィットネスセンター
バー
チェックインカウンターの横にあるバー「Hバー」。同フロアにはレストランも
マーケット
ロビーフロアのショップ「Hマーケット」は、部屋にオーブンレンジがあるからこその品ぞろえ
記事に戻る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」