デヴィ夫人、『週刊文春』らを刑事告訴。約1700万円の“資金持ち逃げ”報道に対し「内容は事実無根」

タレントのデヴィ夫人は、2月27日に自身のInstagramを更新。2023年に一般社団法人の資金を持ち逃げしたと報じた『週刊文春』(文藝春秋)らを刑事告訴したことを報告しました。(サムネイル画像出典:デヴィ夫人公式Instagramより)

タレントのデヴィ夫人は、2月27日に自身のInstagramを更新。『週刊文春』(文藝春秋)らを刑事告訴したことを報告しました。

【実際の投稿:デヴィ夫人、『週刊文春』関係者らを刑事告訴】

「極めて悪質と申し上げざるを得ません」

2023年8月に『週刊文春』は、デヴィ夫人が2023年5月まで代表理事を務めていた一般社団法人の資金約1788万円を持ち逃げしてトラブルになっていると報道。続けて10月にはデヴィ夫人への取材も踏まえた上で、本件の詳細もつづっていました。10月の報道ではデヴィ夫人から一般社団法人に対して送ったとされるメール文書も掲載し、注目を集めました。

これに対しデヴィ夫人は「昨年、私についてなされた週刊文春の報道に関し、この度、週刊文春の関係者や、一般社団法人AMITIE SANS FRONTIERS(以下、「AMITIE」といいます。)の関係者(代表理事、理事2名及び監事1名)を、名誉毀損及び信用棄損の罪で刑事告訴しましたので、ご報告いたします」と、報告。

「詳細な説明は差し控えさせていただきますが」とした上で、「報道された内容は事実無根であるほか、一部の事実を切り取り、私がAMITIEを乗っ取ろうとしている、私物化しようとしている等、断定的な表現で私を貶めようとするものであり、極めて悪質と申し上げざるを得ません」と、報道をきっぱりと否定しました。

さらに『週刊文春』の取材依頼に対して、回答期限が1日だけだったことやほかの仕事を差し置いて応じた回答を無視して報道がされたことなどを指摘。一般社団法人に対しても「私とのトラブルについて、週刊文春の取材を受ければ、確実に報道されることを認識した上で取材を受けたことは間違いなく、その中で私を誹謗中傷するという悪質な行為に及びました。こうした行為は、断じて許されるべきではありません」と、厳しい言葉をつづっています。

この報道後、誹謗(ひぼう)中傷などに見舞われ「深く傷つき、今でも全く癒えておりません」と明かしたデヴィ夫人。近年頻発しているメディアによる一方的な報道に対し「極めて危険であり、直ちに改められなければなりません」として「刑事告訴に踏み切る決断をした次第です」と、刑事告訴に至った心境をつづりました。

2023年9月30日にも反論

デヴィ夫人は2023年9月30日にもInstagramで「持ち逃げ?するわけありません。 事実無根です」と、報道を否定。「今回の記事で、私の評価は著しく傷つけられましたので、その回復のため、あらゆる措置を講じてまいる所存です」と、何らかの対応をすることをほのめかしていました。今後のメディア報道の根底に一石を投じる訴えになるのか、目が離せませんね。
 
次ページ
2023年9月30日の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選