オンスケの意味とは? 正しい使い方と例文、対義語や言い換え表現を解説

オンスケの正しい意味を現役フリーアナウンサーの新保友映が解説します。オンスケはオンスケジュールの略で、予定通り物事が進んでいる状態のことです。本記事ではオンスケの例文や対義語、注意点などを詳しく紹介します。

オンスケの意味とは? 正しい使い方と例文、対義語や言い換え表現を解説
オンスケの意味とは? 正しい使い方と例文、対義語や言い換え表現を解説

ビジネスシーンや日常生活で使用する「オンスケ」という言葉。対義語には「リスケ」があり、いずれもスケジュールの進捗(しんちょく)状況を伝える際に用いられます。本記事ではオンスケの意味や使い方を、現役フリーアナウンサーの新保友映が解説するので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:【ビジネス用語114選】サラリーマン・社会人に必須のカタカナ・略語一覧! 例文もあり

<目次>
「オンスケ」の意味とは
ビジネスシーンにおける「オンスケ」の使い方と例文
「オンスケ」の対義語
「オンスケ」の類語・言い換え表現
ビジネスシーンで「オンスケ」を使うときのマナー
ビジネスシーンで使うそのほかの略語
まとめ

「オンスケ」の意味とは

定刻通りに予定が進むことを「オンスケ」と表現します。日本語に置き換えると「予定通り」「遅延なし」などが近いニュアンスです。

・「オンスケ」の由来
オンスケは「オン スケジュール」を省略した言葉です。スペルは「on schedule」となり、英語の場合も意味は同じです。

ビジネスシーンにおける「オンスケ」の使い方と例文

オンスケの正しい使い方とシーンを紹介します。

【例文】「午後のリモート会議は、オンスケで行います」
→あらかじめ約束していた時刻通りに開始することを伝えています。

【例文】「セミナーはオンスケで進んでいるので、終了時間は変更ありません」
→遅延が発生せず物事が進行していることを表しています。

【例文】「オンスケで進めたいから、しっかり準備しておいて」
→スケジュール通りに進行したいときには、上記のような表現が使えます。

「オンスケ」の対義語

オンスケの対義語には、主に以下の3つがあります。

・リスケ
「reschedule(リスケジュール)」の略語がリスケで、意味は「予定変更」です。決まっていた予定をずらしたい際に「リスケでお願いします」と表現します。

・ビハインド
「予定より遅れている」ことを表現したい際には「ビハインド(behind)」を使います。「~の後ろに」「~の裏側に」などと訳され、物事が後ろ倒しになっている状態を表しています。

・ペンディング
一時的な休止を表す際に「ペンディング」という言葉が使われます。スケジュール通りには進まず、いったん保留している状態のことです。

「オンスケ」の類語・言い換え表現

オンスケを日本語で表現する場合、以下の言葉に言い換えられます。同じ意味の例文をそれぞれの表現で表しているので、違いに注目してください。

・遅れなく
【日本語表現の例】「現在、遅れなく研修が進んでいます」
【英語表現の例】「オンスケで研修が進んでいます」

・予定通り
【日本語表現の例】「イベントの開始は予定通り8月です」
【英語表現の例】「イベントはオンスケで8月から開始します」

ビジネスシーンで「オンスケ」を使うときのマナー

ビジネスシーンでオンスケを使うときは、以下の2点に注意しましょう。

・メールや資料には使わない
オンスケは主に口語で使用するため、メールや資料に用いるのは最適ではありません。テキストコミュニケーションの際は、日本語の表現を取り入れましょう。

・取引先や上司には使わない
オンスケは、比較的ラフな言葉のため取引先や上司との会話で使う際は注意が必要です。場合によっては失礼だと思われてしまうため、目上の人への使用は避けたほうが無難でしょう。

ビジネスシーンで使うそのほかの略語

ビジネスシーンでよく使われる略語について紹介します。

・ブレスト
「ブレスト」はアイデア出しのための会議のことで、ブレインストーミング(brainstorming)の略語です。複数人で意見を出し合い企画や施策をブラッシュアップすることが目的です。

・ASAP
「ASAP」は「as soon as possible」の頭文字で「できるだけ早く」という意味です。ビジネスシーンにおいて、すぐに返信が欲しいときや対処が必要な際に用いられます。

・MOM
ビジネスシーンで使う「MOM」には複数の意味があり、業種やシーンによって指しているものが異なります。

→「minutes of meeting」の略で、和訳すると会議の議事録のこと
→「month over month」の略で売上などの「前月比」を表す単語
→「Management Object Model」の略で、ITシステムの管理に使う単語

・ネゴ
「ネゴ」はnegotiation(ネゴシエーション)の略で、意味は「交渉」です。取引において金額や内容などの条件を交渉しているときに「ネゴる」と表現することがあります。

・アポ
アポはアポイントメントの略で「約束を取り付ける」という意味です。ビジネスシーンにおいては、顧客やクライアントと商談や会議の場を設ける際に使うケースが多いでしょう。

まとめ

「オンスケ」は主にスムーズに業務が進んでいる状態を指すため、ポジティブな部類の単語と言えるでしょう。しかし丁寧語ではないため、使う際は相手に失礼にならないよう配慮することが大切です。日本語への言い換え表現を覚えておくと、臨機応変に対応できます。

■執筆者プロフィール
新保友映
新保 友映(しんぼ ともえ)
山口県岩国市出身。青山学院大学卒業後、2003年にアナウンサーとしてニッポン放送に入社。『オールナイトニッポンGOLD』のパーソナリティをはじめ、『ニッポン放送ショウアップナイター』やニュース情報番組、音楽番組など担当。2018年ニッポン放送退社後はフリーアナウンサーとして、ラジオにとどまらず、各種司会、トークショーMC、YouTube、Podcast、話し方講師など幅広く活動。科学でいじめのない世界をつくる「BE A HEROプロジェクト」特任研究員として、子どもたちの授業や大人向け講座の講師も担当している。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化