【1999年生まれ】今年25歳の好きな有名人ランキング! 3位は「King & Prince・永瀬廉」、TOP2は?

All About ニュース編集部は「今年25歳の有名人」に関するアンケート調査を実施。「今年25歳の好きな有名人」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:永瀬廉さん公式Instagramより)

1999年生まれは、2024年で25歳を迎えます。25歳の有名人といえば、誰を思い浮かべますか?

All About ニュース編集部は2024年1月22日~2月1日の期間、全国10~60代の男女254人を対象に「今年25歳の有名人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「今年25歳の好きな有名人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果 

3位:永瀬廉(King & Prince)

3位にランクインしたのは、King & Princeの永瀬廉さんです。1月23日に25歳を迎えました。2018年に同グループでCDデビュー。2019年公開の映画『うちの執事が言うことには』で映画初出演を飾りました。
 
近年では俳優として躍進を遂げ、2023年11月10日公開の主演映画『法廷遊戯』や、現在放送中のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)でも存在感を放っています。
 
また、Netflix映画『余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。』で主演を務めることも決定。2024年配信予定で、突然余命宣告された青年役を演じています。
 
回答者からは「もともとking&princeが好きで永瀬君を推していたので」(20代女性/岡山県)、「2人になっても頑張ってる姿を見てとても好印象でもともと音楽も好きなものが多いので」(20代女性/東京都)、「これからの活躍が楽しみだから」(40代女性/三重県)といったコメントが寄せられています。

2位:永野芽郁

2位にランクインしたのは、俳優の永野芽郁さんです。9月24日に25歳を迎えます。2018年放送のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインに抜てきされ、知名度を全国区に。
 
その後も数多くのドラマや映画に出演し、2021年公開の映画『そして、バトンは渡された』で日本アカデミー賞「優秀主演女優賞」を、2022年公開の映画『母性』では同賞の「優秀助演女優賞」を獲得するなど、各賞を総なめにしています。
 
2024年1月8日スタートの主演ドラマ『君が心をくれたから』(フジテレビ系)では、ファンタジーラブストーリーに挑戦。愛する男性のために自分の五感を差し出すという難しい役どころを好演しています。
 
アンケートの回答では「ふわりとした印象があってかわいいし、芝居もうまい」(50代男性/宮城県)、「無邪気で可愛い笑顔」(20代女性/東京都)、「透明感があって好感度が高い」(40代女性/神奈川県)などの意見があがりました。

1位:橋本環奈

1位にランクインしたのは、橋本環奈さんです。2月3日に25歳を迎えました。
 
2016年公開の映画『セーラー服と機関銃-卒業-』で映画初主演を飾り、同作で日本アカデミー賞「新人俳優賞」を受賞。以降はドラマや映画、CM、バラエティ番組への出演など、ジャンルレスに活動を続けています。
 
2022年には、爆発的な大ヒットを記録したジブリの名作『千と千尋の神隠し』の舞台で初舞台、初主演を飾り、大きな話題を集めました。2024年4月からロンドン・コロシアムでの上演も決まり、注目を浴びています。
 
回答コメントでは「かわいい、どんな役もできる」(30代女性/岡山県)、「美人で可愛らしいけど笑い方が豪快な感じのギャップが良いから」(40代女性/秋田県)、「とても可愛いし、性格がサバサバしててお酒大好きなところがギャップがあって好きです」(30代女性/静岡県)などの声が集まりました。
 
※回答コメントは原文ママです
 
この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始