木下優樹菜、“子育ての愚痴”ニュースを否定。「悪口っていう意味わかる?」「子育てのリアルを伝えただけ」

元タレントでYouTuberとして活動する木下優樹菜さんは1月31日、自身のYouTubeを更新。26日に公開した動画『耐えられなくなりました。』について弁明し、動画内では子育てのルールも発表しました。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「ゆきなてきな。」より)

元タレントでYouTuberとして活動する木下優樹菜さんは1月31日、自身のYouTubeを更新。26日に公開した動画『耐えられなくなりました。』について、弁明しました。

【実際の投稿:木下優樹菜、先日の動画について弁明】

「子育てのリアルを伝えただけ」

件の動画で子育ての“愚痴”を吐き出した木下さん。家事で手いっぱいの木下さんは、娘2人の行動に対しいろいろと思うところがあるようです。怒とうの“愚痴”を吐露したあとは、少し冷静になり、涙ぐむシーンも。この動画が話題を集め、一斉にネットニュースになりました。

今回の動画では、そのネットニュースに対し、物申しています。娘2人と共に動画に登場した木下さん。冒頭では、先日の動画を見たファンから共感の声が寄せられたことを伝え、いよいよ本題に。ニュースの見出しに「悪意」があるとのことです。例の動画で言ったことは「悪口」ではなく、「子育てのリアルを伝えただけ」と言っています。そこで、今後は「ルール決め」をすることで、少しでも育児の負担を減らそうと試みることを報告。「ペナルティも有りきで」とのことです。

「思いやりって大事じゃん」

お風呂掃除については「最後に入った人がもう、洗うで良いじゃん」と長女が言い出し、「そのルールでいいよ」と決定。木下さんは「別にパーフェクトなんて求めてないから」「ママだってパーフェクトじゃないもん」と、子どもを気遣う発言も。さらに「思いやりって大事じゃん」「ちょっとの思いやりでいいのよ」などと、娘たちを諭す声掛けも。

その結果、「このルールを絶対に破らないようにする」と長女から宣言が出ました。「一緒に頑張ろう、ママも頑張るから」と娘たちに呼び掛け、「ママがそうならマーちんも頑張る」と、今まであまり発言のなかった次女からも宣言が出ました。

「子どもに手伝いをさせるってすごく大事」

その後「悪口ではないです」と、世間からの声を改めて否定した木下さん。「悪口っていう意味わかる?って話で」「悪口じゃないからね!」と、娘たちに呼び掛けています。「知ってるよ」「当たり前じゃん」と、娘たちは応えました。「ママが悪口言うわけないもん」と次女。その後「大好き」「大好き」「大好き」と発言しながら木下さんは娘たちを抱き締め、元気な姿で動画を終えました。

コメントでは、「優しさ溢れる毎日になるといいですね」「こういうルール決めるって大事だね」「子どもに手伝いをさせるってすごく大事」と温かい声や共感の声などが寄せられる一方、「求めすぎたらダメな気がする。でも、意外にしっかりお母さんなんだなとは占いの番組とYouTube見て驚き」「うちは当たり前のようにお母さんがやってくれてたよ」「子ども達の心に負担がかかってないか心配」「言わせてる感ハンパない」などの声も。

動画内では、木下さんと子どもたちのリアルな雰囲気も感じ取ることができるので、親子の様子が気になる人は、ぜひ動画をチェックしてみてくださいね!
 
次ページ
話題となった前回の動画も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない