ヒカル、“グランド ハイアットに芸人たちを誘ったら動画”が反響。インパルス堤下の返しが「プロすぎる」と話題

松本人志さんと文春を巡る騒動で、話題となったグランド ハイアット。そこに芸人を呼んだらどんな反応が返ってくるのか。YouTuberのヒカルさんが検証しました。(サムネイル画像出典:「ヒカル(Hikaru)」)

YouTuberのヒカルさんが1月23日、自身のYouTubeチャンネル「ヒカル(Hikaru)」で動画を更新。『グランドハイアットに泊まってるから飲もうと誘ったら誰か来てくれるのか?』と題した動画を公開しました。今回も、なかなか攻めている……。
 

【実際の動画:ヒカル、松本人志にYouTuber全開の“絡み動画”を公開】

TKO木下さん、宮迫さん、カジサックさん。芸人に次々誘いかけ

ヒカルさんはグランド ハイアットのスイートルームで、カメラを回しています。「どうしてもグランドハイアットで飲みたくなった」「グランドハイアットの素晴らしさ 伝えたい」ようで、「お酒のお誘い」をこれから電話でするようです。
 

最初に通話をしたのは、16日が誕生日だったというTKOの木下隆行さん。「誕生日おめでとうございます」と祝いの言葉を贈るヒカルさんに、「嬉しいなぁ」と和やかな空気が漂います。一変したのはヒカルさんの、「今グランドハイアットで飲んでるんですけど」の言葉。「よくないよ」「このトーン分かるやろ?」「なんでもアリじゃないから」と、低い声で答えました。
 

木下さんに続いて通話した芸人は、宮迫博之さん。「グランドハイアットで飲もうとしてる」の誘いに、「行かへんわ!」と即答。笑いながら「ダメですか?」と聞くヒカルさんに、「ダメやw」「アホか」「なんちゅう電話や」と苦笑い。
 

続く3人目はカジサックさん。やはり場所を伝えると、「今多分グランドハイアットで飲まない方がいいっすね」「正気か?」の言葉にヒカルさんサイドは笑いが起きますが、電話向こうのカジサックさんは違うよう。「これカットやわ」「攻めすぎやって」とコメントするも、「カットできない」というヒカルさんの返答に、「こっちはこっちで一旦ちょっと吉本と連絡取るわ」だそう。

インパルス堤下さん、「芸人とグランドハイアット相性悪い」

さらにヒカルさんは動画終盤で、最後の一押しと言わんばかりに、インパルス・堤下敦さんとも通話。「グランドハイアットにいるんすか?」「この時期に俺誘う感じっすか?」と困惑している感じです。「大変あのお答え辛いっちゃ辛いんですけれども」「ちょっとグランドハイアットは危ない気がするんですよね」「堤下云々というより あの芸人とグランドハイアット相性悪いっす今」と返し、ヒカルさんサイドは爆笑。
 

コメント欄でも、「真面目に答えながら笑い取る所が凄い」「話しずらい内容だし電話越しなのにあんなに笑いを取れるのさすがすぎる」「堤下さんの返しはプロ」と絶賛の声が上がりました。そのほか、「ガチで天才だろ。ヒカルこそ真のエンターテイナー」「芸人さんの電話のシーン最高」「グランドハイアットから芸人に電話はおもろすぎ」と感想が寄せられ、「人志松本いるぅ?」などと発言した「令和の虎」メンバーで、実業家の桑田龍征さんに対し、「ちょいちょい桑田さんがそのラインを超えててヒヤヒヤする」「悪ノリな感じで名前を出してしまったりすると凄く嫌なイジリに見えてしまう」という厳しい声も上がっています。

「YouTuberはNGが無いんやなってことが分かった」

ちなみに、はじめしゃちょーさんとも通話したヒカルさん。芸人たちと反応は大きく違い、「うわぁ静岡なうなんですわ」とショックな様子。ヒカルさんが、「せっかく女の子いっぱい用意したのに」と言うと、「え、マジっすか!?」「早めに言ってくださいよ」と食い気味でした。ヒカルさんは動画内で「YouTuberはNGが無いんやなってことが分かった」と話しています。この動画は「僕なりの松本さんに絡みたいです」というアピールの1つだそう。ヒカルさんの思いは、松本さんに届くのでしょうか……。
 

次ページ
ほかの動画もチェックする
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】