好きな「モーニング娘。の歴代メンバー」ランキング! 2位「後藤真希」を抑えた1位は?

これまで数々の伝説を作り上げてきた女性アイドルグループ「モーニング娘。」について、All About ニュース編集部ではオリジナルのランキングを作成しました。この記事では、好きな「歴代モーニング娘。メンバー」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:後藤真希さん公式Instagramより)

1997年に、オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)で誕生した女性アイドルグループ「モーニング娘。」。2014年1月より、アーティスト名の後ろに西暦の年号を入れて表記するようになり、現在は「モーニング娘。’24」として活動しています。

All About ニュース編集部は2023年11月30日~2024年1月11日、全国10~60代の男女333人を対象に「モーニング娘。の歴代メンバー」に関するアンケート調査を実施。その中から、「好きなモーニング娘。の歴代メンバー」ランキングを紹介します。

>8位までの全ランキング結果を見る

2位:後藤真希

2位は、「後藤真希」さんです。1985年生まれの後藤さんは、1999年に3期メンバーとしてグループへ加入。大ヒットのシングル曲『LOVEマシーン』では、センターポジションを務め一躍大ブレークを果たします。かわいらしいルックスで人気を集め、すぐにグループの中心的な存在として活躍。プッチモニなどのユニットをはじめ、ソロ歌手としても大ヒット曲を発表していきます。

その後、2002年にはモーニング娘。を、さらに2007年にハロー! プロジェクトを卒業。芸能活動の休止や再始動などを経て、2020年4月にはゲーム実況を行うYouTubeチャンネル『ゴマキのギルド』、さらに美容情報を発信する『ゴマキとオウキ☆』を開設します。2021年秋に発売した写真集『ramus』は大ヒットを記録し、現在はライブ活動も積極的に行い人気です。

回答者からは、「登場時から、ルックス、存在感が別格だった」(埼玉県/50代男性)、「小学生の頃モーニング娘。が大好きでスタイルやかっこいい雰囲気に憧れていた」(大阪府/30代女性)、「知名度を上げた大エースだと思っているから」(東京都/30代男性)といった意見が挙がりました。

1位:安倍なつみ

1位は「安倍なつみ」さんでした。1981年生まれの安倍さんは、1997年に「モーニング娘。」のメンバーに選ばれ、1998年にシングル曲『モーニングコーヒー』でメジャーデビューします。抜群のルックスと歌唱力の高さで人気メンバーとなり、男女問わず「なっち」の愛称で親しまれる存在に。

そんな安倍さんはグループ在籍時からCMやテレビドラマに出演し、幅広い世代から人気を集めます。2004年1月にはグループを卒業し、ソロシンガーとしてデビュー。歌唱力の高さを生かしてミュージカルや舞台でも活躍し、卒業後も人気を維持し続けます。2015年には、共演者だった俳優の山崎育三郎さんと結婚。現在はママタレントとしても注目されています。

回答者からは、「モーニング娘のセンターといえばなっちだった」(北海道/30代女性)、「初期メンバーで何よりかわいくて歌がうまい。笑った顔がかわいい」(神奈川県/30代女性)、「はじめからセンターでプレッシャーが凄かっただろうに、後藤真希が入ったきてセンター取られて何となく不憫に見えて、でもいつも笑顔でかわいく応援したいと思いました」(埼玉県/50代女性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」