演技がうまいと思う弁護士役を演じた「女性俳優」ランキング! 2位「深津絵里」を抑えた1位は?

ドラマや映画に登場する弁護士役を演じる女性俳優について、All About ニュース編集部はオリジナルランキングを作成しました。今回は、演技がうまいと思う弁護士役を演じた「女性俳優」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:Amazon)

画像出典:Amazon
『ステキな金縛り』(画像出典:Amazon
All About ニュース編集部は2023年10月27日~12月12日、全国10~60代の255人を対象に「弁護士役を演じた俳優」に関するアンケート調査を実施。その中から、「演技がうまいと思う弁護士役を演じた女性俳優」ランキングを紹介します。

>8位までの全ランキング結果を見る

2位:深津絵里『ステキな金縛り』

2位に選ばれたのは、「深津絵里」さんでした。深津さんは、映画『ステキな金縛り』で三流美人弁護士・宝生エミを演じています。『ステキな金縛り』は三谷幸喜さんの監督・脚本作品で、西田敏行さんが落武者の幽霊を担当。法廷サスペンスに、ファンタジー要素を取り入れた長編コメディーとなっています。

エミは、失敗ばかりで美人ながら三流だと周りから低評価の弁護士。殺人事件の弁護を担当しますが、被告人のアリバイを唯一証明できるのが落ち武者の幽霊・更科六兵衛だけだという、奇想天外なストーリーとなります。なんとか六兵衛を法廷に引っ張り出そうと奮闘する姿がかわいらしく、魅力あふれる弁護士を深津さんが演じました。

回答者からは、「癖ありの役柄だったので演技力が大事だった」(広島県/20代女性)、「固い演技からお笑い的な演技まで同時にこなしている為」(東京都/40代男性)、「個性的な俳優ばかり出演する、荒唐無稽なストーリーでしたが、そうしたなかで埋もれることなく悪目立ちすることなく演じていた深津さんはさすがだと思います」(茨城県/40代女性)といった意見が挙がりました。

1位:天海祐希『離婚弁護士』シリーズ

1位に選ばれたのは、「天海祐希」さんでした。2004年、2005年にフジテレビ系で放送され、人気を集めたドラマ『離婚弁護士』シリーズで、天海さんは主人公の弁護士・間宮貴子を担当。スタイルも抜群でかっこいい容姿の天海さんは弁護士役がピッタリで、いまでもファンを魅了しているドラマシリーズとなりました。

貴子は、エリート弁護士でしたが、独立に失敗して事務所の経営のために民事や離婚案件ばかり扱うことになります。はじめは嫌々受けていた離婚、親権問題でしたが、複雑な人間関係を見ることで弁護士として成長。仕事にやりがいを感じるようになる貴子を、天海さんは抜群の演技力で表現しました。

回答者からは、「演技が上品で姉御感が強くてかっこいい女性で尊敬できるから」(東京都/20代女性)、「言葉に説得力があって、引き込まれていく」(愛知県/40代女性)、「普段から弁護士をしているかのような雰囲気・貫禄がある演技だと思った」(静岡県/40代男性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化