「ぼくの感覚では合コン」たむらけんじ、ラジオ出演で松本人志の文春報道に言及。後悔&反省を吐露

お笑いタレントのたむらけんじさんが、1月9日に放送されたアメリカのラジオ番組『たむけんがLAにいるよ~!』に出演。放送局の公式YouTubeチャンネルで、収録のライブ映像を同時公開しました。(サムネイル画像出典:『TJS radio』公式YouTubeより)

お笑いタレントのたむらけんじさんが、1月9日に放送されたアメリカのラジオ番組『たむけんがLAにいるよ~!』に出演。放送局の公式YouTubeチャンネルで、収録のライブ映像を同時公開しました。『週刊文春』(文藝春秋)で性加害報道が出てから初めての公の場での発言が、注目を集めています。

【実際の投稿:たむらけんじ、ラジオ出演で一部報道に反省と後悔】

「謝ったことは偉い。あとは言い逃れをなくすことだ」

2023年12月下旬、『週刊文春』により報道されたお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんの性加害疑惑。さらに2024年1月には大阪や福岡での事例も報道され、その中にはたむらさんの名前もありました。

同番組冒頭でたむらさんは、「ぼくのことなんですけど、ちょっと時間をいただきたい」「週刊誌の報道がありまして、そこに僕が載っていると」「それに対してちょっとぼくの言葉でいろいろお話をさせていただきたい」と、報道に初めて言及しています。

その後、たむらさんは「簡単にいうと、ダウンタウンの松本さんとぼくを含めたメンバーが飲み会を女性としたと、その内容が載ってるんですけど。そういう飲み会があったというのは事実です、ありました。ただ、記事に書かれているようなことを目的とした、そういうものでは決してなくて、ぼくの感覚では合コン、女性と一緒に飲む飲み会的な感覚でやってしまった」「今考えるとこのような会をすること自体がよくなかったんやなと、やらなければよかったなと、今、後悔もしていますし、反省もしています」と、飲み会は事実と認めながらも一部否定しました。

さらに女性に対して行ったと報道された内容の一部も否定。「道具のように扱った」に関しては、「そういう扱いをしたことは一切ない」と断言し、「3000円で口止めをした」という報道には「タクシー代だった」と言及しました。さらに「たむけんタイム」に関しては、「人生で言ったことない」と強めに否定。ただし女性を個別に呼び出し、男性のタイプを聞き出したことは事実と明言しています。

その上で被害を訴えている女性に対して「記事に出はるっていうことは、何か不快な思いをしたからこうやってお話をしたんやと思う」「そこに関しては謝りたいなと思います。すいませんでした」と謝罪。「何がダメだったのかをもう一度考えて、反省するべきところは反省して次に向かいたいなと思っています」と、心境を述べました。

これに対してコメント欄では「謝ったことは偉い。あとは言い逃れをなくすことだ」「やる事はやったんやなぁ〜って思ってしまいます」「性加害者の典型的な言い分」「賢い謝罪でした」「仮に本当でも何か問題なの?」「タムケン、全然悪くないやん」など、さまざまな言葉が寄せられています。

インスタライブでも同時配信

たむらさんは自身のInstagramでも、同放送回をライブ配信。こちらは正面からの画角で、思いつめたようなたむらさんの表情が映されています。気になった人はぜひチェックしてみてください。
 
次ページ
たむらけんじさんのインスタライブの様子も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】