ビジュアルが好きな「JYPエンターテインメント」所属アーティストランキング! 1位「TWICE」、2位は?

All About ニュース編集部は、韓国の「JYPエンターテインメント」についてのアンケート調査を実施。この記事では、ビジュアルが好きな「JYPエンターテインメント」所属アーティストランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:TWICE 公式Instagramより)

韓国の芸能事務所「JYPエンターテインメント」は、これまで数多くのアーティストを輩出してきました。現在も、日本で大活躍するグループが多く、卓越したパフォーマンスとともに、ビジュアルの美しさにも定評があります。

All About ニュース編集部は2023年11月7日~12月25日、全国10~60代の227人を対象に「JYPエンターテインメントの所属アーティスト」に関するアンケート調査を実施。その中から、「ビジュアルが好きな『JYPエンターテインメント』所属アーティスト」ランキングを紹介します。

>5位までの全ランキング結果を見る

2位:NiziU

2位は「NiziU」です。

日本で大ブームを起こしたオーディション番組『Nizi Project』を通じて結成され、2020年6月30日にミニアルバム『Make you happy』でプレデビュー。2020年12月2日にシングル『Step and a step』で正式デビューし、2020年に放送した『第71回NHK紅白歌合戦』へ初出場して大ブレークを果たします。

キャッチーな楽曲と、ハイレベルなパフォーマンスで幅広い世代から人気を獲得。各メンバーは個性豊かなかわいさを持ち、同性からも絶大な支持を受けています。そんなNiziUは、2024年2月25日にUSJで開催される『ユニ春!ライブ2024』に出演が決定。今年は、日本だけでなくアジアや世界を舞台とした活躍が期待されています。

回答者からは、「全員かわいくて、見ているだけでニヤニヤしてしまうし、虹プロの時のあどけない少女たちが、大人っぽくきれいになったから」(埼玉県/50代女性)、「みんなパフォーマンスがすごいのに、顔もスタイルも良い」(宮城県/20代男性)、「ライブに行きましたが、テレビで見るより生で見る方がもっとかわいかったです! みんな細くて手足も長かった」(千葉県/30代女性)などのコメントが寄せられました。

1位:TWICE

1位は「TWICE」です。

サバイバルオーディション番組『SIXTEEN』を通じて結成され、2017年に『#TWICE』で本格的に日本デビュー。各メンバーがスタイルの良さを生かしてモデルとしても活躍し、美しいビジュアルでも人気を集めます。

中でも最年少メンバーのツウィさんは、『TC Candler』が発表する「世界で最も美しい顔100人」で1位に選ばれたことも。モモさんは、日本人で最多のInstagramのフォロワー数を誇り、ファッションリーダーとしても注目されています。

そんなTWICEは、2024年に入ってヒット曲『YES or YES』のミュージックビデオが再生回数で4億回を突破。通算11本目の快挙となり、ガールズグループとして圧倒的な知名度を持っています。

回答者からは、「かわいくないメンバーがいなく、全員ビジュアル担当と言っても過言ではない」(大阪府/20代女性)、「圧倒的華があると思います。正直、アイドルはみんな顔が同じに見えて、名前や特徴を覚えるのが苦手ですがすぐに覚えられました」(高知県/20代女性)、「きれい系からかわいい系までいろんな系統の美人が集まったグループだと思う」(新潟県/20代女性)などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】