好きな「JYPエンターテインメント」所属アーティストランキング! 1位は「TWICE」、2位は?

「JYPエンターテインメント」について、All About ニュース編集部ではオリジナルのランキングを作成。この記事では、好きな「JYPエンターテインメント」所属アーティストランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:TWICE JAPAN OFFICIAL Instagramより)

これまで、日本でも大人気のグループやアーティストを生み出してきた「JYPエンターテインメント」。2023年の『NHK紅白歌合戦』に出場したグループも多く、絶大な人気を獲得しています。

All About ニュース編集部は2023年11月7日~12月25日、全国10~60代の227人を対象に「JYPエンターテインメントの所属アーティスト」に関するアンケート調査を実施。その中から、「好きな『JYPエンターテインメント』所属アーティスト」ランキングを紹介します。

>5位までの全ランキング結果を見る

2位:NiziU

2位にランクインしたのは、「NiziU」でした。

オーディション番組『Nizi Project』を通じて、合格した9人のメンバーで結成。日本では、2020年12月2日にシングル『Step and a step』で正式デビューを果たすと、すぐに人気を獲得します。その勢いのままに、2020年に放送した『第71回NHK紅白歌合戦』で初出場を達成。女性グループにおいて、史上最速となるデビューから29日での出場で話題を集めることになります。

その後もヒット曲を量産し、2023年10月30日には1stシングルアルバム『Press Play』にて、待望となる韓国デビューを実現しました。

ハイレベルなパフォーマンスとキャッチーな振り付けが魅力で、男女問わず愛されるグループに成長。2024年2月25日にUSJで開催される『ユニ春!ライブ2024』に出演することが発表されるなど、今年も高い人気を誇っています。

回答者からは、「かわいくて、オーディションから見ていたので応援している」(長野県/30代女性)、「ダンスがそろっていて、全員歌も上手いから」(山梨県/20代女性)、「ライブに行って生で声を聴いて、ダンスを観て好きになりました」(神奈川県/50代女性)などのコメントが寄せられました。

1位:TWICE

1位にランクインしたのは、「TWICE」でした。

韓国出身メンバー5人、日本出身メンバー3人、台湾出身メンバー1人という多国籍グループで、サバイバルオーディション番組『SIXTEEN』を通じて選抜。2015年10月20日にデビューすると、2ndミニアルバム『PAGE TWO』に収録された『CHEER UP』が日本でも大ヒットを記録します。

その後、2017年に『#TWICE』で日本デビューすると、同年の『NHK紅白歌合戦』に出場を達成。美しいビジュアルと卓越したダンスで、男女問わず人気を集めます。世界を舞台に活躍するガールズグループで、2023年には『NHK紅白歌合戦』に日本人メンバーだけのユニット「MISAMO」が登場。モモさんは、日本人最多となるInstagramのフォロワー数を誇るなど、絶大な支持を得ています。

回答者からは、「個性豊かなメンバーがそれぞれの魅力を発揮できているから」(徳島県/40代女性)、「全員ありえないくらいかわいいのと毎回曲がいいので好きです」(東京都/20代女性)、「グループのコンセプトもブレていないし、パフォーマンスも素晴らしい」(兵庫県/30代女性)などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは