「好きな早稲田実業出身の有名人」ランキング! 1位「斎藤佑樹」、2位は?

各界に優秀な人材を輩出している「早稲田実業学校」。普段メディアで見ている人も卒業生かもしれません。今回は早稲田実業についてのアンケートを実施。「好きな早稲田実業出身の有名人」を紹介します。(サムネイル画像出典:斎藤佑樹さん公式Instagram)

All About ニュース編集部は2023年10月3日~11月20日の期間、全国10〜60代の男女159人を対象に、「早稲田実業」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「好きな早稲田実業出身の有名人」ランキングを発表します。

>7位までのランキング結果を見る

第2位 王貞治

王貞治(画像出典:Amazon)
王貞治(画像出典:Amazon
2位は王貞治さんでした。王さんは、元プロ野球選手で現福岡ソフトバンクホークスの会長として有名な、世代を超えたスターと呼ばれる存在です。

1959年にプロ野球選手になってから、通算で868本のホームランを打っており、これは現在でも破られていない大きな記録となっています。

また、若い世代であれば、現役引退後のソフトバンクホークスや日本代表の監督としての姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。プレーヤーと指導者、どちらとしても大きく活躍したまさにレジェンド的存在です。

回答者からは「知らない人はいないくらい有名でかっこいい人だからです」(東京都・30代女性)、「世界のホームラン王だから」(福島県・30代男性)、「野球選手としてだけでなく、指導者、人として尊敬できるから」(富山県・20代女性)といった声が挙がりました。

第1位 斎藤佑樹

1位は斎藤佑樹さんでした。斎藤さんは元プロ野球選手であり、現在は「株式会社斎藤佑樹」の社長を務めています。

斎藤さんといえば2006年の夏の甲子園での姿を思い浮かべる人も多いはず。試合中の汗をハンカチで拭う爽やかな姿が話題となり「ハンカチ王子」と呼ばれていました。「ハンカチ王子」はこの年の流行語にもノミネートされたほどでした。

甲子園の決勝では、田中将大選手がいた駒大苫小牧高校と戦って延長15回でも決着がつかず、再試合で接戦を制しました。当時から大注目されていた斎藤さんは、現在でもその誠実なキャラクターで高い人気を誇っています。

回答者からは「甲子園のヒーローだったから」(新潟県・40代男性)、「高校時代、甲子園でハンカチでぬぐいながらマウンドで投げる姿がとても印象的だったので」(鹿児島県・50代女性)、「ハンカチ王子が印象深いです」(東京都・20代女性)といった声が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の執筆者:マサキヨウコ プロフィール
子ども向け雑誌や教育専門誌の編集、ベビー用品メーカーでの広報を経てフリーランス編集・ライターに。子育てや教育のトレンド、夫婦問題、ジェンダー、グルメなど、幅広いテーマで取材・執筆を行っている。
次ページ
7位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」