横浜赤レンガ倉庫「鍋小屋」こたつに入って鍋を囲もう! 「一杯鍋エリア」では全国ご当地鍋と日本酒も

横浜赤レンガ倉庫で「酒処 鍋小屋2024」が2023年1月13日からスタート。「一杯鍋エリア」に18店舗が集結するほか、「作る鍋エリア」が4年ぶりに復活します。1月28日まで。

横浜赤レンガ倉庫で冬のフードイベント「酒処 鍋小屋2024」が2024年1月13日からスタート。「一杯鍋エリア」に18店舗が集結するほか、「作る鍋エリア」が4年ぶりに復活します。過去最大規模で、1月28日までの16日間開催(画像は全て提供、イメージもしくは過去開催時の様子)。

会場規模が例年の約2倍に!

赤提灯が並び、懐メロが流れる「昭和レトロ」な空間
赤提灯が並び、懐メロが流れる「昭和レトロ」な空間

鍋小屋」は、寒さが厳しい季節に、横浜赤レンガ倉庫と海が見える開放的な空間で熱々の鍋を囲み、お客さま同士の交友を深めていただきたいという思いから生まれた、冬のフードフェスティバル。例年約20万人が来場する、人気イベントです。

「酒処 鍋小屋2024」ビジュアル
「酒処 鍋小屋2024」ビジュアル

8回目となる今回は、会場を例年の約2倍に拡大し、過去最大規模での開催に。赤提灯が並び、懐メロが流れる「昭和レトロ」な空間が広がります。

特設テントの外には、昔懐かしい縁日のコーナーも
特設テントの外には、昔懐かしい縁日のコーナーも

テーマは「ご当地 鍋・日本酒・肴」。1杯サイズの鍋料理を販売する「一杯鍋エリア」と、鍋セットを選んで熱々の鍋を囲む「作る鍋エリア」があります。

「一杯鍋エリア」には全国から18店舗が集結

広島のご当地鍋「牡蠣の土手鍋」
広島のご当地鍋「牡蠣の土手鍋」

1人サイズのご当地鍋が楽しめる「一杯鍋エリア」には18店舗が出店。

日本三大鍋の1つ「きりたんぽ鍋(秋田)」をはじめ、石狩鍋にあんこうをいれた「石狩あんこう鍋(北海道)」、ぷりぷりの牡蠣を味噌(みそ)味で味わえる「牡蠣の土手鍋(広島)」など、全国各地のご当地鍋とおつまみを提供します。

厳選された150種類以上の日本酒を堪能
厳選された150種類以上の日本酒を堪能

えりすぐりの150種類以上の日本酒とともに楽しめるのも魅力。横浜赤レンガ倉庫にいながら、旅気分が味わえます。

セットにはオリジナルお猪口がつく
セットにはオリジナルお猪口がつく

少しずついろいろ楽しめる「ちょい呑みセット」「ちょい呑み・ちょい鍋セット」も販売(数量限定)。

次ページ
4年ぶりに復活する「作る鍋エリア」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは