アラサーが考える恋愛とお金 第24回

「SNSでの精子提供」は実際どうなの? これまで40人以上に“無償提供”してきた20代男性に話を聞いた

SNS上にある「#精子提供」のハッシュタグ。遺伝子が、無償~数万円で“取引”されているのだ。SNSで精子提供を行っている男性は、一体どのような人なのだろうか。実際に話を聞いた。

「SNSでの精子提供」の今。実際に提供している男性に話を聞いた
「SNSでの精子提供」の今。これまでに40人以上に提供している男性に話を聞いた
デートや婚活、結婚式……恋愛や結婚にはお金がかかる。特に現代社会においては、働き方や生き方の多様化が進み、恋愛とお金に対する価値観も変容している。本連載では、これからの「恋愛とお金」について、アラサーの恋愛ライター・毒島サチコが取材をもとに考察。第21回は「SNSでの精子提供」について紹介する(第20回はこちら)。

「『#精子提供』します」投稿主の正体は20代男性

 「精子提供をしております。DMでのご相談をおまちしております」
「O型、無償、シリンジ法。精子提供の活動をしています」
 
X(旧Twitter)で、「#精子提供」と検索すると、上記のような投稿が目にとまる。SNS上では、遺伝子が無償~数万円で“取引”されているのだ。
 
SNSで精子提供を行っている男性は、一体どのような人なのだろうか。SNS上で、精子提供を行っている男性に話を聞いた。

「結婚したくないけど、自分の子どもはほしい」提供は無償

 「結婚願望がないので、結婚し子どもを産む、というルートは考えられなくて。でも自分の遺伝子は残したいなと」
 
こう語るのは、ヨウジさん(仮名/20代後半/会社員)だ。彼は、SNSを通じて精子提供を行っている。提供は性交渉を伴わないシリンジ法で、金額は無料だ。
 
「SNSで『精子提供をしてほしい』と依頼を受けたら、実際にその方にお会いして話します。そこでお互い同意となれば、後日またお会いして精子を提供する形です」
 
今までにヨウジさんは、40人以上の女性に自身の精子を提供してきたという。

精子を提供した相手は、FTM(身体的な性は女性、性自認は男性)のパートナーを持つ人、無精子病の夫婦、選択的シングルマザーを望む人など、バックグラウンドもさまざまだ。
 
「年齢は、30代後半~30代の方が多いです。アラサーを過ぎて高齢出産に差し掛かり、最後の望みをかけて精子提供を決断した方が多いですね」
 
現在、ヨウジさんには、精子提供によってできた子どもが1人いる。
 
ヨウジさんは子育てには参画していないが、女性からは定期的に子どもの写真が送られてくるという。子どもはまだ幼いが、いずれ子どもが父親を知りたい、会いたいと言えば「子どもの出自を知る権利はしっかり尊重したい」と語る。
次ページ
過去にはSNSの精子取引でのトラブルになった事例も
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」