“30年前の1994年”に人気だった「男の子の名前」ランキング! 2位「翔太」、1位は?

明治安田生命は、毎年、同社の生命保険加入者と既契約情報を対象に「生まれ年別の名前調査」を実施しており、2023年には35回目を迎えました。30年前の1994年に人気だった「男の子の名前」ランキングの2位は「翔太」、1位は?

明治安田生命は、毎年、同社の生命保険加入者と既契約情報を対象に「生まれ年別の名前調査」を実施しており、2023年には35回目を迎えました。

本記事では、30年前の1994年(平成6年)に人気だった「男の子の名前」ランキングを紹介します。

>10位までのランキング結果を見る

2位:翔太

翔太
2位は「翔太」でした。主な読み方は「ショウタ」です。

昭和末期から人気を集め、1987年から1997年にかけては11年連続でトップ3にランクイン。この時期に子どもの名前に大自然を連想させる漢字を用いる傾向が強まり、「翔」の他に「樹」「海」「翼」などの字がよく使われるようになりました。

1位:健太

健太
1位は「健太」でした。主な読み方は「ケンタ」です。

1989年から1997年にかけて、9年連続でトップ3に入るほど広く親しまれました。その後も人気は持続し、2000年代にも何回かトップ10にランクインするなど、同時期に人気だった「翔太」とともに時代を超えて多くの親に選ばれています。
次ページ
10位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない