「絵画のよう」高岡早紀、14歳の頃の写真で篠山紀信を追悼「この写真から全てが始まりました」

俳優の高岡早紀さんが1月6日、自身のInstagramを更新。14歳の時の写真を投稿し、4日に亡くなった写真家の篠山紀信さんを追悼しました。 (サムネイル画像出典:高岡早紀さんの公式Instagramより)

俳優の高岡早紀さんが1月6日、自身のInstagramを更新。14歳の時の写真を投稿し、4日に亡くなった写真家の篠山紀信さんを追悼しました。

【実際の投稿:高岡早紀、14歳の頃の写真】

「衝撃的でした!」

高岡さんは、「あまりに突然過ぎて… 篠山紀信先生との出会いのアルバムジャケット。 14歳の私。。 この写真から全てが始まりました」とつづり、1枚の写真を投稿。1989年に発売されたデビューアルバム『Sabrina』のジャケット写真です。「思い出がたくさんあり過ぎて語れない。。感謝しかありません。先生、ありがとうございました。ご冥福お祈り致します」と篠山さんへの思いをつづりました。

この投稿にコメントでは、「この表情素敵すぎます」「絵画のようなジャケット…」「若い時から綺麗でオーラがあって、とっても美しい〜」「この写真で好きになって今でもファンです」「若さと可愛さ、不変!」など、高岡さんへの称賛の声が相次いで寄せられています。

1988年の歌手デビューから35周年

2023年の12月3日に51歳の誕生日を迎えた高岡さん。俳優・歌手として活躍し、デビュー35周年を迎えました。同年10月には大阪と東京でライブを開催するなど、歌手としてもますます精力的に活動中です。篠山紀信さんがジャケット写真を手掛けたデビューアルバム『Sabrina』には、高岡さんが歌手デビューを果たした1988年リリースの『真夜中のサブリナ』が収録されています。
  【高岡早紀さんのCDや写真集をチェック!】
次ページ
高岡さんのコンサート時の写真も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」