「第74回NHK紅白歌合戦」特別企画で印象に残った出演者ランキング! 2位「YOSHIKI」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は「第74回NHK紅白歌合戦」に関するアンケート調査を実施。「特別企画で印象に残った出演者」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『NHK紅白歌合戦』公式Xより)

紅白といえば、出場歌手とは別に設けられた特別企画の歌唱も楽しみの1つ。2023年は6つの特別企画が放送され、往年の名曲や豪華なコラボ歌唱などが行われました。

All About ニュース編集部は2024年1月1~4日の期間、全国20~70代の男女159人を対象に「第74回NHK紅白歌合戦」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「特別企画で印象に残った出演者」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果

2位:YOSHIKI「ENDLESS RAIN ~Rusty Nail」

2位にランクインしたのは、YOSHIKIさん、HYDEさん、PATAさん(X JAPAN)、松岡充さん(SOPHIA)ら総勢12人のバンドマンが参加した特別企画「ENDLESS RAIN ~Rusty Nail」です。

最初にYOSHIKIさんはソロで『ENDLESS RAIN』をピアノで弾き語り、亡きX JAPANメンバーのHEATHさん、HIDEさん、TAIJIさんの映像を背に思いを込めて熱唱。

続けて盟友であるバンドメンバーたちの元に駆け寄るとドラムを担当し、X JAPANの楽曲『Rusty Nail』を披露しました。豪華メンバーの迫力満点のセッションに、HYDEさんや清春さんらのボーカルリレーと、圧巻のパフォーマンスでステージを盛り上げました。

回答者からは「出演背景も印象深く、またメンバーがめちゃくちゃ豪華で見ごたえがあったので」(30代女性/大阪府)、「ヨシキの盟友発言に感動しました」(30代男性/神奈川県)、「演奏や歌に迫力があり心に響いた」(60代女性/広島県)といったコメントが寄せられています。

1位:ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツ「YELLOW YELLOW HAPPY~Timing」

1位にランクインしたのは、テレビ放送70年特別企画「YELLOW YELLOW HAPPY~Timing」です。人気バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)から誕生した人気ユニット・ポケットビスケッツとブラックビスケッツが25年ぶりの紅白出場を果たしました。

千秋さん、内村光良さん、ウド鈴木さんで結成されたポケットビスケッツは『YELLOW YELLOW HAPPY』をパワフルな歌声で熱唱。続くブラックビスケッツのビビアン・スーさん、南原清隆さん、天野ひろゆきさんはTikTokでも話題となった『Timing』を、キュートなダンスと合わせて披露しました。

最後は6人でステージに立ち、ダンスを披露するなどお茶の間を沸かせました。

回答コメントでは「ウリナリ世代であり、非常になつかしさを感じたので」(40代男性/東京都)、「懐かしい気持ちになったから」(50代女性/栃木県)、「知らない人だったがSNSで非常に話題になっていたので」(20代女性/千葉県)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」