1月6日は“金運が最強になる”「己巳の日」! 運気を下げないために、絶対やってはいけないことは?

2024年にたった7回しか訪れない「金運最強日」が1月6日に訪れます。この日の金運パワーにあやかるために「やるといいこと」「やってはいけないこと」を紹介します。

金運最強日にやってはいけないこと

金運が高まるこの日に、金運が下がってしまうような「お金がない」などのネガティブな発言や思考をするのはNG。せっかくの金運が低下してしまいます。金銭の貸し借りやローンの契約なども避けましょう。

また、弁財天は女性の神であることから、この日に結婚や入籍をすると弁財天が嫉妬して、運気を下げてしまうともいわれているので、気になる人は避けたほうがいいかもしれません。

 

【やらない方がいいこと】
・ローンの契約
・借金
・ネガティブな発言や思考
・キャンブル
・入籍や結婚式

 

新年初の金運最強日には、2024年の金運アップにつながるような、資産を増やす計画や、お金の使い方について見直す機会にしてみてはいかがでしょうか。

最初から読む


この記事の執筆者:木村 友奈 プロフィール
モンテッソーリ教育を行う幼稚園での教諭歴4年、保育士歴5年。出産後、フリーライターとして育児・教育・生活情報のほか、趣味の温泉、神社、パワースポットにまつわる記事を執筆。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も