「母校愛を感じる慶応女子高校出身の有名人」ランキング! 2位「弘中綾香」、1位は?

偏差値70超えの超名門、慶應義塾女子高校。都心にある洗練された校舎や制服は多くの中学生の憧れ。そんな慶應義塾女子高校についてアンケートを実施。最も「母校愛を感じる慶応女子高校出身の有名人」は?(サムネイル画像出典:弘中綾香さん公式Instagram)

All About ニュース編集部は2023年10月3日~11月20日の期間、全国20〜60代の男女189人を対象に、「慶應義塾女子高校」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「母校愛を感じる慶応女子高校出身の有名人」ランキングを発表します。

>3位までのランキング結果を見る

2位:弘中綾香

2位は弘中綾香さんでした。弘中さんはテレビ朝日のアナウンサーで、慶應義塾中等部から慶應義塾女子高校、慶応義塾大学法学部と進学しています。

弘中さんは中等部から慶應義塾に通った「慶應女子」ですが、そのきっかけは記念受験だったのだとか。ダメもとでの受験で合格し、慶應義塾中等部への進学を決めたのだそうです。多くの受験生が第一志望で挑むであろう学校に、記念受験で合格してしまう実力に驚きですね。

上記の通り、慶應義塾との出会いは「たまたま」ともいえるものだった弘中アナ。しかし、学生時代のエピソードを時折テレビや取材で話す姿からもたびたび見かけることから、学校への愛は大きいことがうかがえます。

回答者からは「バラエティ番組やインタビューで度々過去のことを話している時に大学のことを話していたような記憶があるので」(千葉県・40代女性)、「テレビでたびたび高校時代のエピソードを話すので」(東京都・50代女性)、「繋がりを大切にしてそうな気がする」(東京都・20代男性)といった声が挙がりました。

1位:芦田愛菜

1位は芦田愛菜さんでした。芦田さんは子役出身の俳優で、現在は数多くのバラエティやCMでも活躍中です。2023年3月に慶應義塾女子高校を卒業し、慶應義塾大学に進学しました。

芦田さんは中学受験の際、複数の学校で合格をもらった末に芸能活動に理解のある慶應義塾中等部への進学を決めたのだそうです。そこから、勉強と仕事を両立して活動を続けてきました。

そうした姿は、小さい頃から芦田さんを見守ってきた大人世代のほか、同世代からも支持を集め、2022年には「高校生が選ぶ近い世代で憧れているまたは、目指している人は?」というランキングで同率1位を獲得しています。

回答者からは「中学から大学まで慶応なので母校に対する愛はあるはず」(長崎県・40代男性)、「学業に仕事に一生懸命で、よく学校の話も聞く」(千葉県・30代女性)、「よく本人と一緒に学校名もみるし、在学中から学校のイメージを落とさず活動している」(東京都・30代女性)といった声が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の執筆者:マサキヨウコ プロフィール
子ども向け雑誌や教育専門誌の編集、ベビー用品メーカーでの広報を経てフリーランス編集・ライターに。子育てや教育のトレンド、夫婦問題、ジェンダー、グルメなど、幅広いテーマで取材・執筆を行っている。
次ページ
3位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始