活躍していると思う12月生まれの芸能人ランキング! 2位は「小栗旬」、では1位に輝いたのは?

All About ニュース編集部は「12月生まれの芸能人」に関するアンケート調査を実施。「活躍していると思う12月生まれの芸能人」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『どうする家康』公式Xより)

年末特番や紅白歌合戦など、特別感のあるラインアップが魅力の12月。12月生まれの芸能人を見かける機会も多くなるかもしれません。

All About ニュース編集部は11月9日~12月8日の期間、全国10~60代の男女330人を対象に「12月生まれの芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「活躍していると思う12月生まれの芸能人」ランキングを紹介します!

>20位までの全ランキング結果

2位:小栗旬

2位にランクインしたのは、1982年12月26日生まれの小栗旬さんです。6月に自身が所属する事務所の社長に就任し、俳優と社長の二刀流で活躍しています。

話題作への出演が多い小栗さんですが、17日に最終回を迎えたNHK大河ドラマ『どうする家康』にサプライズでゲスト出演。高僧・南光坊天海役として登場し、特殊メイクを施した老けメイクを披露して反響を呼びました。

また声の演技にも定評があり、12月8日から公開されているアニメーション映画『窓ぎわのトットちゃん』にも出演。小栗さんはトットちゃんのパパ役の声を務め、原作者である黒柳徹子さんからも称賛されました。

回答者からは「いろいろなドラマや映画で活躍しているから」(30代男性/大阪府)、「テレビでよく観るため。子育てもしていてプライベートも充実して活躍しているイメージ」(30代女性/東京都)、「親の影響で見た映画からはまり、さまざまなドラマや映画に出演しているから」(20代男性/福岡県)といったコメントが寄せられています。

1位:広瀬アリス

1位にランクインしたのは、1994年12月11日生まれの広瀬アリスさんです。2023年はNHK大河ドラマの初出演や、TBSドラマ初主演など大活躍の1年となりました。

NHK大河ドラマ『どうする家康』では、二代将軍・秀忠の母である於愛の方役を好演。持ち前の明るさがキャラクターにも生かされ、ハマり役となりました。

主演を務めた10月期のドラマ『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)では、今どきの大学生と第二の青春を謳歌(おうか)する30歳の大学生役を等身大で演じ、多くの世代から反響を呼んでいます。

回答コメントでは「ドラマ、CMなど顔を見ない日がないので」(60代女性/東京都)、「最近色々なドラマ、映画で活躍しているから」(40代男性/千葉県)、「ドラマもCMもバラエティも、どれを見ても好感度が高く元気をもらえるから」(40代女性/滋賀県)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
20位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」