掃除機で虫を吸い込むのはやっぱりダメ? 吸い込んだらどうなる?【家電のプロが解説】

掃除機で虫を吸い込んでも問題がないのか、家電エバンジェリストで「All About」デジタル・家電ガイドの安蔵靖志が回答します。

掃除機で虫を吸い込んでも問題ないですか?
掃除機で虫を吸い込んでも問題ないですか?
家で見かけるイヤ~な虫。手でつかむのを避けたいあまり、掃除機で吸ってしまっている人もいるかと思いますが、問題ないのでしょうか。

家電エバンジェリストで「All About」デジタル・家電ガイドの安蔵靖志が回答します。
 

(今回の質問)
掃除機で虫を吸い込んでも問題ないですか?

(回答)
小さな虫は吸い込んだときに死ぬことが多いようですが、掃除機は虫を駆除するための道具ではないので、基本的にはおすすめしません。

どういうことなのか、以下で詳しく解説します。

■小さな虫は吸引時に死ぬことが多いですが、大きめの虫は注意しましょう

コバエやアリ、ダニ、小型のクモなどの小さい虫は吸引時の圧力で死ぬことが多いようです。ですが、サイクロン掃除機の場合はダストケースに張り付いてしまう場合もありますので、ゴミ捨て時には注意しましょう。紙パック式の場合はゴミ捨て時にもゴミを見ずに捨てられるので、小さい虫であれば吸引してしまってもかまいません。
 
ただし、ゴキブリや大型のクモ、ムカデなどの大きめの虫は、掃除機で吸い込んでも死なない場合があります。もし死んだとしても、体内に卵がある場合は卵がふ化する可能性があります。大型の虫はなるべく吸い込まないほうがトラブルを防げると思います。
 
掃除機は虫を駆除するための道具ではないので、基本的には虫を吸引することはおすすめしません。もし吸引した場合は、なるべく早くゴミ捨てすることをおすすめします。

■虫を吸引したい場合、専用アタッチメントがおすすめ

家の中に虫が発生しやすくて掃除機で駆除したいのであれば、掃除機に取り付けられるアタッチメントなどもおすすめです。

●アーネスト 分別吸い取りヘッド クリーンキャッチ A-76215
アーネスト 分別吸い取りヘッド クリーンキャッチ A-76215(画像出典:Amazon)
アーネスト 分別吸い取りヘッド クリーンキャッチ A-76215(画像出典:Amazon
ヘッドにペットボトルを取り付けると、吸引した空気からその中に固形物だけを収納し、それ以外の空気や細かいゴミ、ホコリを掃除機に吸引するというアタッチメントです。虫や割れ物などの固形物はペットボトルに収納されるため安心です。

ISOTRONIC 捕虫器 バグキャッチャー
ISOTRONIC 捕虫器 バグキャッチャー(画像出典:Amazon)
ISOTRONIC 捕虫器 バグキャッチャー(画像出典:Amazon
こちらは掃除機を全く使わずに虫を捕獲できる製品です。虫を生け捕りにして家の外に逃がしたいという人におすすめです。
     
この記事の筆者:安蔵 靖志
ビジネス・IT系出版社で編集記者を務めた後、フリーランスに。記事執筆のほか、テレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。ラジオ番組の家電コーナーの構成なども手掛ける。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない