「洗濯機」のドラム式と縦型、本当に汚れが落ちやすいのはどっち? 【家電のプロが解説】

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機にはいくつかの違いがありますが、汚れが落ちやすいのはどちらでしょうか。「All About」白物・美容家電ガイドの田中真紀子が回答します。

「洗濯機」のドラム式と縦型、本当に汚れが落ちやすいのはどっち?
「ドラム式洗濯機」と「縦型洗濯機」、本当に汚れが落ちやすいのはどっち?
洗濯機のドラム式と縦型はたびたび比較されることがありますが、汚れの落ちやすさといった観点ではどちらがおすすめでしょうか。ドラム式/縦型それぞれの特徴や違いも含めて、「All About」白物・美容家電ガイドの田中真紀子が回答します。
 

(今回の質問)
ドラム式洗濯機と縦型洗濯機、本当に汚れが落ちやすいのはどっち?

 

(回答)
メカニズム的に縦型洗濯機の方が汚れが落ちやすくなっています。ただし、ドラム式洗濯機の洗浄力もここ数年でかなり向上していますので、それぞれの特徴を踏まえてライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

ドラム式洗濯機は「たたき洗い」、縦型洗濯機は「もみ洗い」

まずは洗浄方式の違いですが、ドラム式はドラムを回転させて洗濯物を上に持ち上げてから下に落とす「たたき洗い」をしています。対して縦型は、大量の水を回転させて、洗濯物同士を擦り合わせる「もみ洗い」をしています。

ドラム式は少量の水と高濃度の洗剤で汚れを押し出すようにして洗っており、皮脂汚れに強いとされています。ただし、どうしても繊維の中にニオイや汚れが残ってしまうことがあります。また他の衣類とぶつかり合うことで、ニオイや汚れが移ってしまう可能性もゼロではありません。

縦型は泡立てた洗剤を使用して大量の水で泳がせながらもみ洗いするので、水中に汚れを浮かせたり、流せたりします。繊維の中の汚れも落としやすいほか、泥汚れなど、固形汚れにも強いといわれています。

欧米でドラム式洗濯機が普及したワケ

ドラム式洗濯機というと欧米などでよく使用されているイメージがあると思います。それは欧米の水がカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水でせっけんが泡立ちにくいといった特徴があり、たたき洗いをするドラム式との相性が良かったためです。

逆にいうと泡立ちにくいので、日本のような方式で洗ってもなかなか泡が立たなくてきれいに洗いにくい事情もありました。それにより欧米ではたたき洗いのドラム式が普及したといわれています。

また先ほど紹介したように、ドラム式は少量の水で洗える点も特徴の1つです。日本と比較して水が少ない欧米では、水をより大切に使用する文化があり、節水性が高いドラム式との相性が良かったためと考えられます。

最近のドラム式洗濯機は洗浄力がUPしている

ただし、ここ数年は各メーカーの努力により、ドラム式洗濯機も洗浄力が格段に向上しています。

先ほど欧米の硬水は泡立ちにくいという話もしましたが、日本の水は軟水のため泡立ちやすいですし、洗濯槽の中に入れる前にしっかり泡立てることで汚れを落としやすくしたり、水流をうまく使って汚れを落としたり、さまざまな工夫が施されています。

また洗浄にお湯を使うと皮脂汚れを溶かして落としやすいうえ、洗剤の働きが活性化しやすくなります。最近は温水を使用する洗濯機も増えていますので、ドラム式で少し汚れ落ちが悪いなと思ったら温水を使うのもおすすめです。

ドラム式と縦型は「乾燥機能」を重視かどうかで選ぶのもアリ

筆者は職業柄、最新モデルも含めてさまざまなメーカーの洗濯機を使用しています。ドラム式も縦型も試してみましたが、運動部のお子さんがいる、仕事柄作業服が汚れるなど、ひどく汚れた洗濯物が多いという家庭でない限りはドラム式でも縦型でも洗浄力の観点ではどちらでも良いという印象です。

洗浄力以外の観点でいうと、ドラム式と縦型の洗濯機、どちらを選択するかは「乾燥機能」を重視するかどうかで判断するのも良いと思います。

また、そもそもドラム式と縦型は構造が異なります。ドラム式は横から、縦型は上から洗濯物を出し入れしますので、自宅の構造/間取りやご自身の体勢的にどちらの方が楽なのか、といった観点で選ぶ方法もあります。
 

この記事の筆者:田中 真紀子
白物家電、美容家電の専門家兼ライターとして活躍。日々発売される新製品をチェックし、製品の紹介記事やレビュー記事を雑誌やWeb、新聞などで紹介している。日常的にも話題の新製品を使うことで、ライフスタイルに合わせた選び方や、上手な採り入れ方の提案も行っており、テレビ出演も多数。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望